このページの本文へ

日立、統合システム運用管理ソフト『JP1 Version 6i』でIPv6をサポート

2001年05月16日 19時20分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日立製作所は16日、同社の統合システム運用管理ソフトウェア『JP1 Version 6i』のネットワーク管理機能として、通信事業者、iDC、ISP、SIベンダー、企業、大学、研究所などが構築するIPv6ネットワークの管理を支援するソフトウェアを今年の第4四半期をめどに開発すると発表した。同ソフトウェアは、IPv4とIPv6が共存するネットワークにおいて、両プロトコルに対応したネットワーク機器の構成管理画面への自動表示機能や、障害管理・性能管理のためのIPv6管理情報の収集機能などを提供し、両プロトコルのネットワークの統合的な管理を可能にする。既にIPv4で運用しているネットワーク管理の環境は変更する必要がないという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン