このページの本文へ

ニコンデジタルネットカメラDN100

ニコンデジタルネットカメラDN100

2001年04月05日 02時23分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)ニコンは、顕微鏡や望遠鏡に取り付け、PCを介さずにネットワークに接続して遠隔地から画像を見ることができるデジタルカメラ「ニコンデジタルネットカメラDN100」を発表、5月7日より発売を開始する。

「ニコンデジタルネットカメラ DN100」の利用イメージ写真(顕微鏡、モニタ別)。

 ニコンデジタルネットカメラDN100は、撮像素子に1/2.72インチの130万画素CCDを搭載するデジタルカメラで、最大1280×960ドットの画像を撮影できる。PCカードスロット(TypeII)と10BASE-Tインターフェイス、ビデオ出力機能を装備する。カメラ内部にHTTP サーバー/telnetサーバー/FTPサーバー/FTP クライアント機能を搭載し、遠隔地からブラウザで画像を確認したり、遠隔地のサーバーへの画像送信が可能。レンズマウントはCマウント(業務用/産業用カメラなどに利用される形式)を採用し、顕微鏡や望遠鏡、監視カメラなどへの接続が可能。



同社の顕微鏡「エクリプスE600」との組み合わせ例(最上部にDN100のカメラ部をマウント)。

 システムは、カメラ本体とネットワーク接続ユニット、カメラコントローラの3つで構成され、それぞれの本体サイズ/重量は88(W)×44(D)×73(H)mm/230g、282(W)×177(D)×84(H)mm/2.2kg、56(W)×68(D)×21(H)mm/110g。AC電源(85~264V)で動作する。
 価格は40万円より。

(株)ニコン
(株)ニコンインステック
問い合わせ先 03-5802-0211



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン