このページの本文へ

【東京ゲームショウ2001春 Vol.6】遊んでみましたXbox!

2001年03月31日 01時06分更新

文● 編集部 中西祥智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本日開会した東京ゲームショウ、衆目を集めているのは、やはりマイクロソフトの『Xbox』だ。コナミのブースには、『エアフォースデルタII』の試遊台が設置されていた。

傘とカバンを腕に下げて、真剣なまなざしでXboxをプレイする人傘とカバンを腕に下げて、真剣なまなざしでXboxをプレイする人

まず、コントローラーを持って感じたのは、“大きい”ことだ。両手で握れないことはないが、ほかのゲームマシンのものと比べて、やはり持ちにくく感じる。

アメリカ版(右)と日本版(左)のコントローラー。グリップの大きさがかなり違う
アメリカ版(右)と日本版(左)のコントローラー。グリップの大きさがかなり違う

次に、そのボタンの配置に戸惑った。PSおよびPS2用のコントローラーとは、方向キーと左のアナログジョイスティックの位置が上下逆になっているのが、慣れないせいかなんとも使いにくい。もっとも、基調講演で日本向けの小型のコントローラーが発表されたので、正式な製品ではそう感じることはないかもしれない。

実際の画面は、PS2と甲乙つけ難い。『エアフォースデルタII』はフライトコンバットゲームというよりは3Dシューティングゲームという感じのゲームだが、地表の作り込みが、非常に細かいように思えた。機体の動きも、途中で重くなることなく滑らかだ。

XboxとPS2のスペックには、以下のような違いがある。

CPU
Xbox Pentium III-733 MHz
PS2 “Emotion Engine”294.912 MHz
メモリー容量
Xbox 64MB
PS2 32MB
メモリー帯域幅
Xbox 6.4GB/秒
PS2 3.2GB/秒
グラフィックスチップ
Xbox “X-Chip”250MHz
PS2 “Graphics Synthesizer”147.456MHz
三次元演算性能
Xbox 1億2500万ポリゴン/秒
PS2 6600万ポリゴン/秒
ピクセルフィルレート(テクスチャーなし、1テクスチャー)
Xbox 4.0G/秒、4.0G/秒
PS2 2.4G/秒、1.2G/秒

ゲームタイトルにもよるが、試遊したり映像を見た限りでは、Xbox用ゲームのほうがより緻密でリアルなグラフィックスに感じられる。だが、スペック通りの性能差までは感じられなかった。

『エアフォースデルタII』
『エアフォースデルタII』

また、ゲームの起動や場面の切り替えが比較的高速なように感じられた。搭載されたハードディスクに、データがキャッシュされているのかもしれない。

実際にプレイしてみた時間はほんの4~5分だが、その間に3回も地上に激突した。もちろんそれは、コントローラーが手に合わないためであると言い訳しておこう。

百聞は一見にしかず、この週末、実際に会場でプレイしてみてはいかがだろうか。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン