このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

TurbolinuxのGUIインストーラ“Mongoose”の画面ショットを大公開!

2001年04月05日 15時06分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ターボリナックスジャパン(株)から、GUIインストーラ「コードネーム“Mongoose”(マングース)」の開発プロジェクトが発足した。Linuxの普及に伴い、より幅広いユーザー層および環境への対応、特に初心者でも簡単にインストールできるという点を意識して開発が進められているという。今回、日刊アスキーでは“Mongoose”の一部始終を豊富な画面ショットとともにお伝えする。

Mongooseの特徴としては、

  • 多言語対応(日本語、英語、中国語(簡体、繁体)、韓国語(ハングル)の5カ国語をサポート)
  • ProgressWindow(デフォルトで各設定項目を表示し、現在何の設定をし、あとどれだけの設定でインストール作業が完了するのかを示したもの)
  • 依存関係の自動検出
  • インストールするシステムの言語をサポート言語の中から選択可能
  • 選択したパッケージリストの作成、読み込みが可能

などが挙げられる。

次ページより、インストール画面を順を追ってご紹介する。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

カテゴリートップへ

ピックアップ