このページの本文へ

名古屋めたりっく通信、USBタイプのADSLモデムコースを新設

2001年03月13日 23時21分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

名古屋めたりっく通信(株)は8日付けで、ADSLによる接続サービス“HOME640/1500コース”に、USBタイプのADSLモデムを利用するコースを追加したと発表した。初期費用は2万2000円で、LANタイプより5000円安くADSLによる常時接続を導入できるようになる。月額利用料は、下り640kbpsの“HOME640”が3980円、下り1.5Mbpsの“HOME1500”が5500円で、変更はない。

USBタイプにおける制限は、ブロードバンドルーターなどによる複数台のパソコンの接続、USB HubによるADSLモデムとパソコンの接続、Macintoshの接続などが行なえない点(Macintoshについては対応を進めているが時期は未定)。また、すでに申し込みを行なっているユーザーに対しては、LANタイプからUSBタイプに変更できるように準備を進めているという。ただし、サービス開始後(開通後)のモデムタイプの切り替えは原則として行なえないという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン