このページの本文へ

任天堂、GBAの今後の展開を発表、GBA対応の新ポケモンカードを発売

2001年03月07日 20時39分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

任天堂(株)は7日、3月21日に発売する次世代携帯ゲーム機『ゲームボーイアドバンス』(以下、GBA)の今後の展開と、同時発売タイトルについて発表した。同時発売タイトルは、当初予定されていた10タイトルより大幅に増え、合計25タイトルとなる。

国内は3月21日発売、欧米では6月発売

GBAは、日本国内では3月21日発売で、価格は9800円。本体カラーは“ホワイト”、“バイオレット”、“ミルキーブルー”の3種類が用意される。また、周辺機器の『ゲームボーイアドバンス専用通信ケーブル』(価格1400円)、『ゲームボーイアドバンス専用バッテリーパック・チャージャセット』(価格3500円)、『ゲームボーイアドバンス専用ACアダプタセット』(価格1500円)も同時発売となる。さらに米国では6月11日に発売、価格は99.95ドル(約1万2000円)という。欧州や豪州でも米国と同時期に発売する予定で、6月末までには全世界でGBAが発売されることになる。

GBA
『ゲームボーイアドバンス』本体。写真はトランスルーセントのミルキーブルーモデル

GBAは、専用通信ケーブルの中央にある接続ボックスに別のケーブルを追加することで、1つのカートリッジで最大4人まで同時通信プレイが可能となる。従来のゲーム機での多人数プレイは、それぞれの端末ごとに同じカートリッジが必要だったが、今回のGBAは1つのゲーム機にカートリッジを装着すれば、他のゲーム機を接続するだけで多人数同時プレイが行なえる。1カートリッジ4人プレイが可能なタイトルは、『スーパーマリオアドバンス』、『F-ZERO FOR GAME BOY ADVANCE』、『くるくるくるりん』、『チューチューロケット!』、『マリオカートアドバンス』など。

任天堂は、GBAとゲームキューブとの連動も考えているという。一例として、2000年8月24日のゲームキューブ発表時に、ゲームキューブのコントローラーポートにGBAを接続しコントローラーとして使えると説明されたが、それだけでなく連動によって生まれる遊びの提供を目指すとしている。

本日都内で行なわれた発表会で、同社取締役副社長の浅田篤氏は、「ゲーム業界は冬の時代と言われている。われわれは新たなゲームを作り続けてきたが、それによりゲームが巨大化、複雑化してきた。そのため、プレイが難しく時間もかかるようになり、ゲーム離れの大きな要因となっている。ゲームに3D映像が使われるようになったが、それでゲーム自体が面白くなるわけではない。さらにユーザーは技術の進歩だけでは驚きや感動を得られなくなってきている。加えて、ゲーム開発自体も複雑化し、リスクが大きくなっている」

「しかし、すべてがそうした状況にあるわけではない。任天堂は常に安定した収益を上げ続けている。ゲームボーイ(GB)は継続した人気を誇っており、11年経った今、ファミコンですらできなかった累計販売数1億台を達成した。今後ゲーム業界が必要としているのは何か、その解答がGBAだ。同時発売タイトルは25タイトルで、これはどのゲームハードよりも多い数だ。ジャンルもシンプルなゲームから英会話学習ソフトまで多岐に渡っている。豊富なソフトが揃ったのは、GBAが自由な発想を実現できる性能を持ち、さらにソフト開発への負担も軽減できるからだ。過去のソフトのほとんどがそのままGBAで楽しめるのも支持される理由だ。来年3月末までに全世界で累計2400万台を出荷する」と語った。

また、同社取締役経営企画室長の岩田聡氏は、「GBAは、GBの単純な後継機種ではない。新しい遊びのスタイルを提案し、巨大さ複雑さに頼らない。GBAは通信ケーブルにより1カートリッジ4人プレイが可能。またモバイルアダプタGB対応のソフトも予定している。今後は通信機能を活かしたゲームをリリースする。しかし既存のゲームを否定しているわけではない。求めているのは面白いことだ。『メトロイド』や『スーパーマリオブラザーズシリーズ』など、従来のゲームシリーズも予定している。もちろん、単に伝統を踏襲するだけでなく、新たなソフト開発も進めている」としている。

バーコード付き新ポケモンカード登場

任天堂は、人気タイトル『ポケットモンスター』のGBAでの展開についても説明した。同社は、カード上にテキストや画像、映像、音声データなどを縦の1次元バーコードと横の1次元バーコードを組み合わせた“2次元バーコード形式”でプログラムした新ポケモンカード『ポケモンカードe(仮)』と、ポケモンカードeのデータをGBAで読み取るための専用カードリーダー『カードeリーダー(仮)』を、今秋発売に向けて開発中だという。

カードとリーダー
カードの縦方向の端と横方向の端それぞれに1次元バーコードを搭載した『ペーパーROM』(右)と、専用カードリーダー(左)。新ポケモンカード『ポケモンカードe(仮)』は、このペーパーROMを利用したもの
ポケモンカードとリーダー
新ポケモンカード『ポケモンカードe(仮)』と専用カードリーダー『カードeリーダー(仮)』のイメージ画像
ポケモンカードとリーダー2
ポケモンカードeとカードeリーダーの使用イメージ。カードeリーダーをGBAのカートリッジスロットに装着し、ポケモンカードeをリーダー部分へスライドし、データを読み込ませる

ポケモンカードeは、それぞれのモンスターの特性や進化形態、技や特殊能力、カードとしての機能などの情報をデータとして収録しており、GBAの画面上で閲覧できる。データは、カードの縦方向の端と横方向の端にそれぞれ1つずつ備えている1次元バーコードに収録される。縦方向のバーコードには2064バイト、横方向のバーコードには1296バイトまで記録可能。テキストや画像、音声のほか小規模なプログラムも記録できるため、新しい遊びかたの展開も可能という。カード1枚分でデータが足りなければ、5枚10枚とつなげることでデータを拡張できる。もちろん従来通りのカードゲームとしても利用可能。このポケモンカードeおよびカードeリーダーの開発は、オリンパス光学工業(株)との技術提携によるもので、オリンパスの『スキャントーク』を利用している。

カード画面1
カードeリーダーを装着した際のGBAの画面。カードを読み込む際は、GBA本体のLボタンかRボタンを押す
カード画面2
カードを左から右にスライドさせると、バーコード部のデータが読み込まれる
カード画面3
ピカチュウのポケモンカードeを読み込んだときのGBAの画面。ピカチュウの基本データが表示される
カード画面4
同じピカチュウのカードに進化形態も収録されている
カード画面5
さらに、技や特殊能力の詳細説明も閲覧できる
カード画面6
こちらはピチュウのポケモンカードeを読み込んだときの画面。ピチュウが歩いてきて挨拶をする映像が収録されている

さらに、GBA用ソフト『ポケットモンスター ゲームボーイアドバンス版(仮)』(2002年発売)も開発中だという。ポケットモンスター ゲームボーイアドバンス版では、新キャラクターとして謎の少年トレーナーが、また新ポケモンとして“ルリリ”、“カクレオン”、“ホエルコ”が加わる。なおこの3ポケモンは、今夏公開のポケモン映画で、ソフト発売に先行して登場するという。

新ポケモン
新ポケモンのルリリ(左上)、カクレオン(右上)、ホエルコ(左下)、および新キャラクターの少年トレーナー(右下)

ポケットモンスター総合プロデューサーの石原恒和氏は、「カートリッジに専用マクロ言語を入れてプログラムやデータを読み出すことで新しいカードゲームの遊びが広がる。データには、技や能力の解説やカードの使いかた、特殊能力の説明、画像やプログラムが入っているので新しいゲームも遊べるだろう。GBAはポケモンにとって強い味方だ。GBAによりポケモンは新しい次元に進化するだろう」としている。

石原氏ポケモンカードeについて説明する石原氏

GBAタイトル一覧

GBA本体と同時発売タイトルは以下の通り。

  • 『スーパーマリオアドバンス』任天堂 価格4800円 通信ケーブル対応 1カートリッジで4人対戦可能
  • 『F-ZERO FOR GAMEBOY ADVANCE』任天堂 価格4800円 通信ケーブル対応 1カートリッジで4人対戦可能
  • 『くるくるくるりん』任天堂 価格4800円 通信ケーブル対応 1カートリッジで4人対戦可能
  • 『ナポレオン』任天堂 価格4800円 通信ケーブル/モバイルアダプタGB対応
  • 『爆熱ドッジボールファイターズ』アトラス 価格4980円 通信ケーブル対応
  • 『アドバンスGTA』エム・ティー・オー 価格4980円 通信ケーブル対応
  • 『バトルネットワーク ロックマン エグゼ』カプコン 価格4800円 通信ケーブル対応
  • 『EZ-TALK 初級編 1~6』キーネット 価格3万6000円(GBA同梱版は4万5800円)
  • 『トゥイティーのハーティーパーティー』ケムコ 価格4980円 通信ケーブル対応
  • 『全日本GT選手権』ケムコ 価格5200円 通信ケーブル/モバイルアダプタGB対応
  • 『ウイニングポスト for ゲームボーイアドバンス』コーエー 価格5600円
  • 『パワプロクンポケット3』コナミ 価格5800円 通信ケーブル対応
  • 『Jリーグポケット』コナミ 価格5800円
  • 『コナミ ワイワイレーシング アドバンス』コナミ 価格5800円 通信ケーブル対応
  • 『悪魔城ドラキュラ Circle of the Moon』コナミ 価格5800円
  • 『プレイノベル サイレントヒル』コナミ 価格5800円 モバイルアダプタGB対応
  • 『モンスターガーディアンズ』コナミ 価格5800円 通信ケーブル/モバイルアダプタGB対応
  • 『遊戯王ダンジョンダイスモンスターズ』コナミ 価格5800円 通信ケーブル対応
  • 『JGTO公認 GOLF MASTER~JAPAN GOLF TOUR GAME~』コナミ 価格5800円 通信ケーブル対応
  • 『ファイヤープロレスリングA(エース)』スパイク 価格5800円 通信ケーブル対応
  • 『チューチューロケット!』セガ 価格4800円 通信ケーブル対応 1カートリッジで4人対戦可能
  • 『ぼくは航空管制官』タム 価格5800円
  • 『ミスタードリラー2』ナムコ 価格4800円 通信ケーブル対応
  • 『桃太郎まつり』ハドソン 価格5200円
  • 『ピノビィーの大冒険』ハドソン 価格4800円 通信ケーブル対応
スーパーマリオアドバンスアクションゲーム『スーパーマリオアドバンス』の画面 (c)1983-2001 Nintendo
F-ZERO近未来SFレースゲーム『F-ZERO FOR GAMEBOY ADVANCE』の画面 (c)2001 Nintendo
チューチューロケットセガのGBA参入第1弾タイトル『チューチューロケット!』の画面 Original Game (c)SEGA CORPORATION, 1999 (c)SEGA CORPORATION / SONIC TEAM, 2001

また、今後発売が予定されているタイトルは以下の通り。

  • 『黄金の太陽』5月発売 価格未定 通信ケーブル対応
  • 『ゲームボーイウォーズ FOR GAMEBOY ADVANCE(仮)』5月発売 価格未定
  • 『マリオカートアドバンス(仮)』今夏発売 価格未定 通信ケーブル/モバイルアダプタGB対応
  • 『マジカルバケーション(仮)』今夏発売 価格未定
  • 『タクティクスオウガ外伝(仮)』今夏発売 価格未定
  • 『馬穴大作戦(仮)』今夏発売 価格未定 モバイルアダプタGB対応
  • 『ワリオランド4(仮)』2001年発売 価格未定
  • 『スーパーマリオアドバンス2(仮)』2001年発売 価格未定
  • 『ポケットモンスター ゲームボーイアドバンス版(仮)』2002年発売 価格未定
  • 『ファイアーエムブレム 暗闇の巫女(仮)』発売日未定 価格未定
  • 『はなさき合戦』発売日未定 価格未定
  • 『スーパーマリオアドバンス3(仮)』発売日未定 価格未定
  • 『メトロイド FOR GAMEBOY ADVANCE(仮)』発売日未定 価格未定
マリオカートアドバンスレースゲーム『マリオカートアドバンス(仮)』の画面 (c)2001 Nintendo

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン