このページの本文へ

日本IBMとSAP、ERP分野で協業体制

2001年02月26日 17時57分更新

文● ASCII24 Business Center 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本アイ・ビー・エム(株)(以下IBM)とSAPジャパン(株)は26日、ERP(Enterprise Resource Planning)分野で、共同でセールスやマーケティング、サービスを行なう一貫した協業体制を敷くと発表した。

まず両社は、共同支援センター「Strategic Alliance Center(SAC)」をIBM箱崎事業所内に共同オフィスを設置する。当初80名の人員でスタートし、2001年の中ごろには約150名程度まで拡充するという。

そのほか、SACとの協業を推進するパートナーグループ「SACパートナー会」を新たに組織する。約60社の参加を見込み、年末までにSACを中核に約1500名のSAP認定コンサルタントを擁する体制を目指していく。

今回の協業では、ERPの導入状況が欧米に対して遅れている原因とされるERPパッケージへの移行に伴なうスキルや技術の不足を補う目的があるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン