このページの本文へ

Abitからも新マザー「SE6-EP」「VH6-II」2製品が登場

2001年01月18日 23時45分更新

文● Jo_kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Abitから新型マザーが2つ登場した。
 ひとつは「SE6-EP」だ。文字通りi815Eを搭載する「SE6」のチップセットが「i815EP」になっただけのリファイン版だ。外見上の違いはなく、チップセットのみが異なるようだ。なかのマニュアルも「SE6」と同じとなっている。  もうひとつは「VH6-II」だ。VH6はVIAのApolloPro133A(VT82C694X)を搭載するマザーボードだが、South Bridgeが“VT82C686A”でありUltra ATA/66対応だった。このSouth Bridgeが“VT82C686B”になり、Ultra ATA/100対応となっている。どちらのマザーもSoftMenuIIIを搭載するなど、お馴染みの機能はそのままである。



 販売を開始したPCiN秋葉原での価格はそれぞれ、SE6-EPが1万4800円、VH6-IIが1万2800円と手頃だ。代理店のバーテックスリンクが19日より順次発売とリリースしていることから、週末には他のショップにも並ぶものと考えられる。



【関連記事】
【取材強力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ