このページの本文へ

今度はサードパーティ製Voodoo4 4500が販売開始。Voodoo5も見えた?!

2000年12月09日 00時13分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “EVIL”シリーズのビデオカードを矢継ぎ早にアキバへ投入し、知名度が上がってきているPowerColorから、今度はVoodoo4 4500を搭載したカード「Evil King IV」が現れた。11月末に初のサードパーティ製Voodoo3 3000 PCIカード「Evil King3」の販売が開始された時、同カードを入荷したコムサテライト1号店では「将来的にVoodoo4カードが入荷する予定はある」と話していたが、あれからわずか2週間のできごとである。もちろん、今回もサードパーティ製としては初の製品だ。価格は1万3980円。



 12月8日現在、PowerColorのウェブサイトにEvil King IVの製品情報は掲載されていないが、基本的には3dfx製Voodoo4 4500カードと同じ性能であるようだ。VSA-100チップ1つと32MBのビデオメモリを搭載する。ビデオメモリはSamsung製166MHzチップ。D-Sub端子とTV出力端子を装備している。パッケージは相変わらず“3Dfx”と旧表記のままで、パッケージデザイン担当者は3dfxが社名変更したのを知らない模様。



 ちなみに、基板上には、3dfxのロゴ(こちらはちゃんと3“d”fx)のほか、なぜか“Voodoo V”のプリントが。Voodoo4 4500がVoodoo5 5500の廉価版であることを考えるに、Voodoo5カードの登場は近いのかもしれない。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ