このページの本文へ

公取、マイクロソフトに独占禁止法違反を警告

1998年11月20日 00時00分更新

文● 報道局 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 公正取引委員会は本日午後3時に、マイクロソフト(株)に対して行なった立ち入り調査の結果を発表、マイクロソフトが独占禁止法に違反していると警告した。立ち入り調査は、Windows 95とInternet Explorerの統合問題と、WordおよびExcelをPCメーカーへ供給していることに関して、本年1月13日に行なわれた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン