このページの本文へ

「GCC 2.96はディストリビューションが採用すべきではない」とGCC Steering Committee

2000年10月10日 10時57分更新

文● 植山 類

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GCCを管理/開発するGCC Steering Committeeは10月5日、開版版の“GCC 2.96”を製品に使用することは勧められないとアナウンスした。現在のリリース版は“GCC 2.95”。

 GCC Steering Committeeによると、GCC 2.96は正式なリリース版ではなく、“GCC 3.0”に向けた開発版のコードネームにすぎないという。

 GCC 2.96の生成するオブジェクトファイルは、CとFortranについてはGCC 2.95/3.0と互換性を保つ見込みだが、C++については非互換になる予定だ。C++の関数名をアセンブリ言語での関数名に変換する際のエンコーディングに互換性がなくなるため、正式リリースされたGCCでライブラリをリンクすることができなくなる。

 9月25日にリリースされた“Red Hat Linux 7”は、GCC 2.96を採用している。このアナウンスはこれを受けて出されたものと見られる。

カテゴリートップへ

ピックアップ