このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

イベント

Core i7とX58マザーで快適PC体験! MVKがイベントを開催 

2008年11月22日 22時30分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日お伝えしたように、本日CAFFE SOLARE(カフェソラーレ)LinuxCafe秋葉原にて、エムヴィケーが主催するイベント「PC Parts LABO2008 inAkiba」が開催された。

「PC Parts LABO2008 inAkiba」 会場内
展示マザーボード エムヴィケーが主催するイベント「PC Parts LABO2008 inAkiba」が本日CAFFE SOLARE(カフェソラーレ)LinuxCafe秋葉原にて開催された

 イベントでは先週発売されたばかりのインテルの新型CPU「Core i7」(開発コードネーム:Nehalem)及び、インテルの新チップセット「X58」搭載のLGA 1366対応マザーボードを使用したPCと、従来のP45チップセットマザーで構成されたPCを使用したデモ機を展示。
 さらにそのデモ機と同じ構成のPCで、エレクトロニック・アーツのFPS「クライシスウォーヘッド」が1対1で対戦できるようになっていた。ゲームをプレイした人全員に参加賞が出るとあって、ゲーム好きな来場者はその腕をふるっていた。

デモ機の構成

対戦風景

 「クライシスウォーヘッド」の対戦でも使用されたデモ機の構成は、「X58」マザーボード搭載PCが、ASUSTeK「RAMPAGE II EXTREME」/インテル「Core i7 965 Extreme(3.20GHz)」、「P45」マザーボード搭載PCは、ASUSTeK「MAXIMUS II FORMULA」/インテル「Core 2 Quad QX9770(3.2GHz)」となっていた。当然、「X58」マザーボード搭載PCの方がスペック的には有利なのだが、スペック差が如実に出るベンチマークテストとは違い、ゲームの対戦は参加者の腕前も重要な要素となり、「X58」マザーボード搭載PCが絶対に勝つという状況ではなかった。もちろん、ハイスペックな「X58」マザーボード搭載PCの方がより快適にゲームが楽しめるのは言うまでもない。

「X58」マザーボード搭載PC ポップ
「X58」マザーボード搭載PCの仕様は、ASUSTeK「RAMPAGE II EXTREME」/インテル「Core i7 965 Extreme(3.20GHz)」など
「P45」マザーボード搭載PC ポップ
「P45」マザーボード搭載PCの仕様は、ASUSTeK「MAXIMUS II FORMULA」/インテル「Core 2 Quad QX9770(3.2GHz)」など

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中