このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

サイクルモード インターナショナル 2008最終回

自転車界にデジタル旋風! 人力とハイテクとの融合!?

2008年11月20日 21時38分更新

文● ビッキー松田(BiCYCLE CLUBライター)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GPSの有無を選ぶことも可能なRS800CX

高精度で軌跡が表示される。「あの山を越えている時に右に見えたのはこの山か」など、想い出が無限に広がる最大心拍数の状態では軌跡が赤色になる。つまり、急勾配でもがいた時やダッシュをしている区間がひと目でわかるのだ
GPS付きは高いという方に、GPS非搭載モデルも紹介! 売れ筋モデルはCS100(1万9950円)だ。付属のブラケットでハンドルに装着して、心拍だけでなく、スピードやケイデンス(回転数)、距離を計測可能とのこと廉価版として時計だけのタイプもある。もちろん胸にワイヤレスのバンドを装着するだけで計測できる。FS1(8400円)

骨伝導だから、走行中も快適に音楽を楽しめる!

 こちらは骨伝導型ヘッドフォン、AQUA(アクア)だ。耳を塞がずに、クリアな音を楽しむことができる。つまり、耳をフリーにすることで、クラクションや救急車のサイレンなど、街を走行中に必要な音をキャッチすることができるのだ。しかも防水機能付き! 道交法改正でヘッドフォンは危険とされているので、自転車にまさにぴったりのアイテム! 実際にかけてみると、35グラムと超軽量で装着していることも忘れてしまうほどだ。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ