このページの本文へ

FireWireのオーディオインターフェース「ProFire 610」

2008年11月07日 22時11分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アビッドテクノロジー・エムオーディオ事業部は7日、FireWireオーディオ/MIDIインターフェースの「ProFire 610」を8日に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、予想価格は4万9800円前後。対応ソフトは、Cubase/Logic/Sonar/Live/GarageBandなど。

ProFire 610
ボディはハーフラックサイズ。2チャンネルのマイクプリアンプとAD/DAコンバーターの機能を備える。コンピューターに接続せず、独立したマイクプリアンプとしての使用も可能で、入力端子にマイクやプラグを接続すると自動的にアナログ出力とS/PDIF出力へとルーティングされる

 AD/DAコンバーターの解像度は24bit/192kHz。内蔵する2基のプリアンプには、低ノイズで高いS/N比を実現するという自社技術の「Octaneプリアンプ・テクノロジー」を搭載する。プリアンプのゲイン幅は73dBで、48Vファンタム電源にも対応。

 DSPミキサーも内蔵しており、チャンネルごとに異なるミックスを出力可能。ミキサーは付属ソフトから制御し、セッションごとに異なる設定を保存しておける。

正面パネル
正面パネルには、2系統の入力端子/2系統のヘッドホン出力端子/ファンタム電源スイッチ/電源スイッチ/マスターボリュームノブを装備。マスターボリュームノブがコントロールする出力信号は、任意のチャンネルに割り当てられる
背面
背面パネルには、ACアダプター接続ポート/FireWire 400ポート/MIDI入出力端子/S/PDIF端子/8チャンネルのライン出力端子/2チャンネルのライン入力端子を装備

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中