このページの本文へ

キヤノン、フラットベッドスキャナー「CanoScan 5600F」「同LiDE200」を発表

これからのスキャンはワンプッシュで「おまかせ」

2008年08月21日 20時02分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キヤノンマーケティングジャパン(株)は21日、A4フラットベッドスキャナー「CanoScan 5600F」と「CanoScan LiDE200」を8月28日に発売すると発表した。価格はいずれもオープンプライスで、実売価格は「CanoScan 5600F」が約2万円、「CanoScan LiDE200」が約1万円。

両機種とも、原稿の判別/最適な設定でのスキャン/保存──といった一連の処理を自動で行う「scan」ボタンを新たに搭載。また付属ソフトの「MP Navigator」も強化され、スキャン画像のカテゴリー分類を自動化/カテゴリーによる検索/PDFのセキュリテイー設定──といった新機能を備えた。

5600F

「CanoScan 5600F」は、光学解像度4800dpiのCCDを搭載したミドルクラスのモデルだ。35mmのネガまたはポジフィルムを、スリーブで6コマ/マウントで4コマまで一度にスキャンできる。本体サイズは、幅272×奥行き491×高さ97mm。重さは約4.3kg

LiDE200

「CanoScan LiDE200」は、光学解像度4800dpiのCISを搭載したミドルクラスのモデル。付属スタンドを使用して縦置きでの設置やUSBバスパワーのサポートも、本機の特徴だ。本体サイズは、幅250×奥行き364×高さ40mm。重さは約1.6kg

対応システムはMac OS X 10.3.9以上。または、Windows 2000 Professional SP4/XP SP2以上/Vista。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中