このページの本文へ

キヤノン、コンパクトフォトプリンター「SELPHY ES3」「同ES30」を発表

金と銀のインクでより華やか印刷!

2008年08月26日 13時00分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キヤノンマーケティングジャパン(株)は26日、コンパクトフォトプリンター「SELPHY ES3」「同 ES30」を9月中旬に発売すると発表した。価格はいずれもオープンプライスで、実売価格は「SELPHY ES3」が約2万3000円前後、「SELPHY ES30」が約1万8000円前後。

SELPHY ES
「SELPHY ES3」(左)「同 ES30」(右)。丸みの帯びたフォルムにキャリングハンドルが付くなど、全体のデザインを一新。パワーアダプターも本体に内蔵されている

本製品の特徴は、金や銀のインクを使った印刷が可能になるなど、「フレーム」や「スタンプ」機能が充実した点だ。また、種類が増えただけでなく、Lサイズやカードサイズでもフレームが使える。カレンダーのレイアウトも12種類に増え、自由なレイアウトでオリジナルカレンダー作りが可能になった。機能面では、「プレビュー」機能を搭載し、フレームやスタンプなどの効果を印刷前に確認できるなど使いやすさもアップ。自動写真補正に色かぶり補正機能が加わり、より簡単にきれいな写真が印刷できる。

E-P20G E-P20S
新カートリッジの「E-P20G」「E-P20S」を利用すれば、金や銀色のフレームやスタンプを加えて、よりゴージャスに写真を演出できる

SELPHY ES3」は、お気に入りの画像を本体に保存できる機能を搭載。焼き増しモードもあり、印刷した画像を同じ状態であとから印刷できる。トリミング加工などをしても、設定が保存されるのがうれしい。

;;;
SELPHY ES3 「SELPHY ES3」は、液晶モニターのサイズは3.5型で、フレーム50種類、スタンプ30種類、赤外線通信の「IrSimple」に対応する

SELPHY ES30」は、「同ES3」の機能限定製品とはいえ、写真補正機能や、金銀のフレーム印刷にも対応。お気に入りの写真を保存する機能などはないが、印刷は十分に楽しめる。

SELPHY ES30 「SELPHY ES30」の液晶モニターのサイズは3.0型で、フレーム16種類、スタンプ10種類。お気に入り画像の登録と、焼き増し印刷、赤外線には対応していない

両製品とも、カードスロットは、SDメモリーカード、メモリースティックといった20種類のメモリーカードに対応し、携帯電話で採用されるmicroSDカードもアダプターなしで装着できる。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中