このページの本文へ

アップル、脆弱性に対応した「Safari 3.1.2 for Windows」をリリース

Windows版Safariがアップデート

2008年06月23日 16時50分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は19日、「Safari 3.1.2 for Windows」を公開した。対応システムはWindows XP SP2/Vistaで、同社のウェブサイト、もしくは「Apple Software Update」経由で入手できる。

米アップル社のウェブサイトにはSafari 3.1.2へのアップデートにおけるセキュリティー情報が掲載されている
米マイクロソフト社のウェブサイトにあるセキュリティーアドバイザリーに掲載されている、Windows版Safariのセキュリティーに関する情報

同アップデートは、BMPおよびGIFイメージを取り扱う際にメモリー上の情報の漏洩する可能性がある/Windows環境のデスクトップ・ディレクトリーに確認なしにファイルを保存する可能性がある/Internet Explorer 7で「アプリケーションと安全でないファイルの起動」を有効に設定したウェブサイト、およびInternet Explorer 6で「ローカルイントラネット」または「信頼済みサイト」に設定されたウェブサイトにSafariでアクセスした際にダウンロードしたファイルを自動的に実行する/JavaScriptの処理の脆弱性により悪意あるウェブサイトを閲覧した際にアプリケーションが終了するかコードを実行する可能性がある──という4件の脆弱性に対応したもの。

詳細は同社のウェブサイトを参照のこと。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中