このページの本文へ

<特集予告> BI――ビジネス・インテリジェンス

コンピュータの知性はビジネスを変えるか?

2008年04月22日 00時02分更新

文● 西川仁朗/アスキーネタ帳編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
『仮想化』――いま何が起こっているのか

 あなたが欲しいものを、欲しいタイミングで知ることができたら、その商品を買いませんか? あなたがお店である商品を買うときに、実は買いたくなるようなたくさんの仕掛けが張り巡らされているのです。世界最大の小売業のウォルマートがPOSに基づくデータ分析を行なった結果、「紙おむつを買った男性はビールも買う」という法則を見つけ、売上アップにつなげたのはよく知られたエピソードです。

 そんなお客さんのデータを分析・加工し、マーケティングに活用することで、企業と顧客をWin-Winの関係につなげる「BI(ビジネス・インテリジェンス)」がビジネスの現場に変革を起こしています。

 今特集ではコンピュータの知性がどれほどビジネスの現場に変化を与えられるのか、具体的な効果を探ります。


特集記事一覧

らっしゃい!イオンの御用聞きシステム

らっしゃい!イオンの御用聞きシステム

 まず、流通の現場でBIがどう使用されているのか。未来の話も含め、イオングループの具体的な取組みについてうかがいました。


@cosmeの裏で活躍するBI

@cosmeの裏で活躍するBI

 顧客の声を分析し、マーケティングに活用する「テキストマイニング」というBIツールがあります。ナショナルやWOWOWなど、野村総合研究所のテキストマイニングツールを現場で活用している事例を紹介します。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ