このページの本文へ

Seagate「ST31000640SS」

SAS対応の容量1TBモデル入荷!

2008年04月05日 22時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Seagateから容量1TBのSAS(Serial Attached SCSI)インターフェイス3.5インチHDD「ST31000640SS」が登場した。「Barracuda ES.2」シリーズの製品だ。

「ST31000640SS」 拡大
Seagate「Barracuda ES.2」シリーズに容量1TBのSAS(Serial Attached SCSI)インターフェイス3.5インチHDD「ST31000640SS」が登場

 主な仕様は垂直磁気記録方式を採用し、回転数が7200rpm、平均シークタイムは8.5ms(Read)/9.5ms(Write)とSerial ATAインターフェイスモデルでも展開中の「Barracuda ES.2」シリーズということで、基本的には同じだ。ただし、キャッシュ容量のみ32MBから16MBに半減している。
 SAS対応HDDといえば、1万回転を超える高速モデルでハイスピードアクセスというイメージだが、同モデルに限っていえば、単純にSASインターフェイスの大容量モデルというのが特徴といえるだろう。販売しているのはBLESS秋葉原本店で、価格は4万4980円となっている。

インターフェイス ポップ
SAS対応HDDといえば1万回転を超える高速モデルでハイスピードアクセスというイメージだが、同モデルに限っていえば、インターフェイスにSASを採用した大容量モデルといえそうだ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中