このページの本文へ

microSD利用時にデータが保存できない不具合を解消

NTTドコモ、「SH905iTV」の内蔵ソフトウェアを更新

2008年02月20日 19時24分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)NTTドコモとNTTドコモグループ8社は20日、FOMA携帯電話機「SH905iTV」(シャープ(株)製)の内蔵ソフトウェアの更新プログラムを提供開始した。今回の更新では、microSDカード利用時の不具合の解消などが行なわれる。

 今回の更新で解消される不具合は以下の通り。

  • 松下電機産業製「RP-SM02GBJ1K」および東芝製「SD-MC002GA」のmicroSDカード(2GB)を利用した場合に、撮影画像やワンセグの録画データの保存ができない、もしくはフォーマットができない不具合
  • ワンセグをデータ放送モードで視聴中に、データ放送のコンテンツが更新されないことがある不具合

 更新プログラムは、ほかの905iシリーズと同様に、初期設定では午前3時にプログラムが自動でダウンロードされて更新される。即時更新したい場合は“メニュー→設定→一般設定→ソフトウェア更新”と選択する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン