このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アキバ王がアニメ検定を受験してみた!

2007年12月02日 23時50分更新

文● アキバOS 寺尾

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月23日、「第一回アニメ検定」が開催され、全国から1300名以上のアニメファンが都内に集結した。今回行われたのは3級(スーパーファン)・4級(ノーマルファン)・5級(ビギナーファン)の3つの検定で、私はASCII.jpさんから「アニメ検定で勝負しましょう!」という挑戦状を頂いていたため、取材も兼ねて3級を受検してきた。

 「アニメ検定」は各級によって問題と合格条件が異なり、3級と4級は「60問の4択問題を60分で解き、正解率70%以上で合格」、5級は「50問の4択問題を60分で解き、正解率60%以上で合格」となっている。1級と2級は今後開催予定で、1級を受けるには2級の合格が、2級を受けるには3級の合格が条件とのこと。

入り口の看板 試験会場の様子
入り口の看板試験会場の様子受検者は合計1300名以上
入り口の看板 試験会場の様子
プレス試験会場の様子鉄拳さん存在感ありすぎ真剣に話を聞く取材陣

 検定は都内の大学で行われた。私が会場の最寄駅に着くと、駅には「アニメ検定の方はコチラ」と書かれたボードを持っているスタッフが。それを見た人が「アニメ検定だって」「お前受けてこいよ」とささやいていたのは言うまでも無い。
 会場に着くとプレス受検用の教室に案内され、今回ゲスト受検者として呼ばれている吉本興業の鉄拳さんと指圧野郎さん、アイドルの白岩英里子さんと駒宮美都季さん、秋葉原のメイドさん達4名への取材が行われた。またファミ通さんがメイド女装姿で登場したため、プレス会場は他の教室に比べ、異色の盛り上がりを見せていた。

「今日は頭の文字を検定の『検』にしてきました」と鉄拳さん
「ロボットものの問題を取りこぼさないようにしたい」と指圧野郎さん
秋葉原を代表するメイドさん達4名も参加
アイドルの白岩英里子さんと駒宮美都季さんも受検に来ていた白岩さん「私は撲殺天使ドクロちゃんが好きですね」

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ