このページの本文へ

外付けドライブと内蔵ドライブが同時発売

アイ・オー・データ機器、AVCHD対応Blu-rayドライブを発売

2007年10月24日 20時32分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)アイ・オー・データ機器は24日、AVCHD形式の記録が可能な記録・再生対応外付けBlu-rayディスクドライブ「BRD-UM4」と、内蔵型の「BRD-SM4」を11月中旬に発売すると発表した。価格はBRD-UM4が6万3500円(税別)、BRD-SM4は5万8500円(税別)。

BRD-UM4 BRD-UM4

 BRD-UM4は、本体側面と上部にスリットを設置しており、ドライブにこもった熱を効率よく排熱できるように設計されている。また、ドライブの電源はパソコン本体と連動しており、パソコンをシャットダウンすれば自動的にドライブの電源も切れる「PC電源連動機能」を搭載している。HDビデオカメラで普及しているAVCHD形式に対応しており、取り込んだ動画ファイルを再変換せずにBlu-rayディスクに保存できる。

 Blu-rayディスクの記録・再生速度は1層/2層ともにBD-Rが4倍速で、BD-REが2倍速に対応している。インターフェースはUSB 2.0/1.1.。本体サイズは幅170×奥行き270×高さ50mm、重量は約1.7kg。電源は同梱されているACアダプターを利用する。対応OSはWindows Vista/XP/2000 Professional、Mac OS X 10.2.8以降。バンドルソフトとして、コーレル(株)のライティングソフト「DVD MovieWriter 5 BD version」や(株)ビー・エイチ・エーのパケットライトソフト「B's CLiP7」などが用意されている。

BRD-SM4 BRD-SM4B
BRD-SM4BRD-SM4B

 内蔵型のBRD-SM4は、Blu-rayディスクの記録・再生速度など基本機能はBRD-UM4と同等となっている。インターフェースはシリアルATA。本体サイズは幅146×奥行き190×高さ41.1mm、重量は約950g。内蔵型にはフロントベゼルがブラックの「BRD-SM4B」も用意している。

PLC-ET/MY-G54-S PLC-ET/MY-R-S
PLC-ET/MY-G54-SPLC-ET/MY-R-S

 併せて同社では、無線ブロードバンドルーターとPLCアダプター2基(HD-PLC方式)のセットモデル「PLC-ET/MY-G54-S」と、ブロードンバンドルーターとPLCアダプター2基(HD-PLC方式)のセットモデル「PLC-ET/MY-R-S」を11月上旬に発売すると発表した。価格はPLC-ET/MY-G54-Sが2万4200円(税別)、PLC-ET/MY-R-Sは2万3200円(税別)。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン