このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

810万画素デジタルカメラ

レビュー:DSC-T200

2007年10月04日 04時23分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマイル感知モード付きのタッチパネル式デジカメ


DSC-T200 【SPEC】
開発元●ソニー(株) 販売元●ソニーマーケティング(株) 価格●オープンプライス(実売4万8000円前後)
http://www.sony.jp/

CCD●2.5分の1インチ/有効810万画素 レンズ●光学5倍(焦点距離35〜175mm相当)/F3.5〜4.4 記録メディア●内蔵(約31MB)、メモリースティックDuo サイズ●幅93.5×高さ59.3×奥行き20.4mm 重さ●約186g

【COMMENT】
大型液晶とタッチパネルの組み合わせで操作自体を楽しめる。設定だけでなく、撮影やプレビュー時にもタッチ方式の操作が生かされている。


 タッチパネル方式を採用した「DSC-T200」は、背面のほとんどを3.5インチ液晶パネルが占めるコンパクトデジタルカメラだ。

DSC-T200

3インチ液晶の「COOLPIX S51c」(左)との比較。T200は3.5インチの液晶内に操作ボタンを表示する(右)

液晶サイズが大きくなったぶん横幅は若干大きいが、前モデルにあたる「T100」に比べ薄くスリム。屈曲式レンズのためレンズの繰り出しがなく、ズーム時でもフラットなスタイルのままだ。前面パネルのスライドで電源のオン/オフができるのもいい。

 撮影モードは、プログラムオートをはじめ、10種類の選択モードを備える。中でも、シャッターボタンを押した状態で待機し、被写体が笑顔になった瞬間にシャッターを切る「スマイルシャッターモード」は注目だ。これは、従来の顔検出機能を進化させ、被写体の笑顔を認識する機能を利用したもので、連続で6枚まで撮影できる。被写体が複数人数の場合にはカメラが自動で設定、または画面に直接触れて中心人物を指定可能だ。

 画質はかなり秀逸。ダイナミックレンジが広く、白飛び、黒つぶれが少ない。細部の再現性も高く質感の描写にも強い。

DSC-T200

階調の表現幅が広く、細部の再現性や質感の描写力もいい。発色は見た目の雰囲気に忠実だが、若干の色の誇張もあり一見してキレイと感じられる仕上がりだ

最高感度のISO3200相当で撮影した写真。右の等倍表示で確認すると、暗部がつぶれやすくノイジーな画質になってしまっている。ノイズが少なく、実用性があるのはISO400あたりまでだ

 カメラとしての画質の優秀さを備えたうえ、タッチパネル方式を活用したペイント機能やユニークな撮影モードなど、写真の楽しみ方を広げる製品だ。


(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中