このページの本文へ

ここが変わったWindows Vista 100連発! 第64回

Xbox 360と簡単に連携できるようになった

2007年10月01日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Xbox 360」からLANでつながっているWindows Vista PCにアクセスする様子

「Xbox 360」からLANでつながっているWindows Vista PCにアクセスする様子

この機能はWindows VistaのHome Premium、Ultimateでお使いいただけます。

 Windows Vistaでは、パソコンをマイクロソフト(株)の家庭用ゲーム機「Xbox 360」とネットワーク経由で接続し、パソコンに蓄積されたコンテンツをXbox 360から利用できるようになった。自室にある音楽や動画を、リビングのゲーム機を経由して大画面テレビで楽しめるのだ。

 LANに接続したXbox 360は、Windows Vistaとお互いを簡単に認識し、互いのコンテンツを利用できる。Xbox 360の「ダッシュボード」から「メディア」→「Media Center」と選び、画面の指示に従って操作すると、Vistaの「Windows Media Center」がXbox 360の画面上で利用できるようになる。これでXbox 360のコントローラーによる操作で、Media Centerで管理されているコンテンツを自由に再生できるようになる。

Xbox 360側でMedia Centerに接続する手順

Xbox 360側でMedia Centerに接続する手順。まず設定用の8桁の「セットアップキー」が表示されるので、この数値をVistaパソコンに入力する

次にWindows Vista側でWindows Media Centerを起動すると……

次にWindows Vista側でWindows Media Centerを起動するとXbox 360を検出するので、あとは画面の指示に従うだけ

Xbox 360のつながった大画面テレビに表示されたWindows Media Centerの画面

Xbox 360のつながった大画面テレビに表示されたWindows Media Centerの画面。どの機能もXbox 360側から操作できる

 Windows Media Centerではなく「Windows Media Player 11」(WMP)を使ってコンテンツを管理している場合、WMPのメディア共有機能(関連記事)を利用する。メディア共有で対象のXbox 360を共有相手として登録すれば、Xbox 360側の音楽や画像の再生メニューからパソコン内のコンテンツにアクセスできるようになる。

Vista側でWindows Media Playerを起動し……

Vista側でWindows Media Playerを起動し、「ライブラリ」→「メディアの共有」を開き、Xbox 360を選んで「許可」する

すると、Xbox 360上から共有された音楽ファイルを再生できる

すると、Xbox 360上から共有された音楽ファイルを再生できる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン