このページの本文へ

HDMI出力やFTPに対応したハンファ・ジャパン製HDDメディアプレーヤー「DC-MC35UL3」発売開始!

2007年07月27日 20時50分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前お伝えした、HDMI出力やFTPに対応したハンファ・ジャパン製HDDメディアプレーヤー「DC-MC35UL3」が発売された。

ハンファ・ジャパン製HDDメディアプレーヤー「DC-MC35UL3」 ハンファ・ジャパン製HDDメディアプレーヤー「DC-MC35UL3」
HDMI出力やFTPに対応したハンファ・ジャパン製HDDメディアプレーヤー「DC-MC35UL3」が発売

 本製品は、2006年に発表された「DC-MC35UL2」の後継機種で、HDMI出力端子を新たに搭載したのが特徴。また従来のLAN接続に加えて、FTPに対応してFTPサーバー/クライアントとしての利用が可能となっている。さらにハードウェアデコードチップに米Sigma Designs社の「EM8621L」を搭載。MPEG-1/-2/-4、WMV、WMV HD、DivX HDの再生に対応している。

 主なスペックは、映像出力がHDMI出力のほか、S-Video出力、コンポジット出力、コンポーネント出力を各1系統装備。音声出力はアナログステレオオーディオ出力(RCAピンジャック×2)、光デジタルオーディオ出力、同軸デジタルオーディオ出力を各1系統備える。ネットワークインターフェースは、100/10BASE-T。USBハブ機能に対応したUSB2.0端子×3も装備する(うち1つはアップストリーム)。本体サイズは49(W)×154 (D)×219(H)mm、重量は約505g。電源はACアダプタを利用する。価格は、TWOTOP秋葉原本店で2万3980円、クレバリー1号店とクレバリーインターネット館で2万4648円、ツクモパソコン本店IIで2万4800円、ソフマップ秋葉原1号店とカクタソフマップで2万6400円となっている。また、T-ZONE.PC DIY SHOPでも入荷を確認している(価格未定)。

クレバリーインターネット館では店頭デモ展示も行っている クレバリーインターネット館では店頭デモ展示も行っている

 なお、クレバリーインターネット館では店頭デモ展示も行っている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中