このページの本文へ

松下電器産業からSerial ATAに対応した記録型DVDドライブ「SW-9588-CXM」登場

2007年07月06日 23時34分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 松下電器産業からSerial ATAに対応した記録型DVDドライブの海外モデル「SW-9588-CXM」が登場した。Serial ATAに対応した松下電器産業製記録型DVDドライブは本製品が初となる。

DVD-RAMの書き込みに対応した松下電器産業製Serial ATA対応記録型DVDドライブの海外モデル「SW-9588-CXM」

 主な仕様だが、書き込み/書き換えの最大速度はDVD±R DL8倍、DVD±R16倍、DVD+RW8倍、DVD-RW6倍、DVD-RAM5倍速、CD-R48倍、CD-RW32倍。ライティングソフト「NERO Express」、バックアップソフト「InCD」、DVDオーサリングソフト「PowerProducer」、DVD再生ソフト「PowerDVD」などのソフトが同梱される。なお、本体カラーはブラックのみ。価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで4800円、BLESS秋葉原本店で4980円となっている。

ライティングソフト「NERO Express」、バックアップソフト「InCD」、DVDオーサリングソフト「PowerProducer」、DVD再生ソフト「PowerDVD」などのソフトが同梱される

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中