このページの本文へ

NTTドコモ、データ消失する不具合でBRAVIAケータイ『SO903iTV』を一時販売停止

2007年07月04日 19時08分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモとNTTドコモグループ8社は4日、6月22日に発売されたソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(株)製のBRAVIAケータイ『SO903iTV』(関連記事)について、操作中に電話帳やメールなどのデータが消失する場合があると発表した。原因はまだ判明しておらず販売も停止となる。

SO903iTV データ消失の可能性がある『SO903iTV』

現在のところ、SO903iTVのデータ消失原因は調査中としており、対策も発表されていない。同社は「データ消失が発生する前に、microSDカードなどでデータのバックアップをするように」と説明している。

なおこの問題について、ユーザーからの申告は今月2日現在で、95件寄せられており、利用中のユーザーに対しては、対応の準備が整い次第、個別にダイレクトメールで知らせるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン