このページの本文へ

14日に販売も再開

NTTドコモ、『SO903iTV』の内蔵ソフトウェアを更新

2007年07月13日 18時14分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモとNTTドコモグループ8社は13日、端末内のデータが消失する不具合により販売が停止されていた(関連記事)、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(株)製のFOMA携帯電話機『SO903iTV』の内蔵ソフトウェアの更新プログラムの提供を本日開始し、今月14日に販売も再開すると発表した。

内蔵ソフトウェアの更新で解消される不具合は、“操作中に内部の電話帳やメールなどのデータが消失する可能性がある”というもの。

内蔵ソフトウェアの更新方法は、メニューから“設定→管理→ソフトウェア更新”とたどり画面の指示に沿って更新する。ダウンロードに伴う通信料は無料で、更新にかかる時間はプログラムのダウンロードとソフトウェアの書き換えで約2~3分という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン