このページの本文へ

【速報】NTTドコモ、FOMA“703i”とBRAVIAエンジン搭載『SO903iTV』を発表

2007年01月16日 00時00分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモは15日、普及向けFOMA端末の新製品“703iシリーズ”(8機種)と、2画面ケータイの『D800iDS』、ワンセグチューナーと高画質化技術“モバイルBRAVIA(ブラビア)エンジン”を搭載した『SO903iTV』を開発したと発表した。発売日は、N703iDが1月26日と明言されたものの、そのほかの703iシリーズおよびD800iDSは2月予定、SO903iTVは6月予定となっている。

FOMA 703iシリーズのラインナップ
今回発表されたFOMA 703iシリーズのラインナップ。上段左から順に、D703i、F703i、N703iD、P703i。下段左からSH703i、SO703i、N703iμ、P703iμ

今回発表された製品では、『N703iμ』と『P703iμ』が薄さ11.4mmで世界最薄モデル(2007年1月15日現在、日本電気(株)およびパナソニック モバイルコミュニケーションズ(株)調べ、二つ折りタイプのW-CDMA端末として)、『D703i』が薄さ9.9mmで国内最薄という(2007年1月15日現在、三菱電機(株)調べ、ストレートタイプ3G携帯電話機として)。

このほかの特徴は以下の通り。

703iシリーズ

N703iμ
背面に7×7ピクセルのLEDイルミネーションを搭載し、時計やメール着信などを知らせる“My Signal”機能を搭載。RED/GREEN/BROWNの3色
N703iμのBROWN 薄さが際だつN703iμ
N703iμのBROWNN703iμを横から見たところ。薄さが際だつ
P703iμ
厚さ11.4mmのスリムステンレスボディを採用。ロンドンのデザイン集団“TOMATO”によるデザイナーズコンテンツを収録。“グラファイトブラック”/“クロムシルバー”/“バーガンディレッド”の3色
P703iμのクロムシルバー 薄さ11.4mmのP703iμ
P703iμのクロムシルバーP703iμを横から見たところ。薄さはN703iμと同じ11.4mm
D703i
27種類の点灯パターンによる“キーイルミネーション”機能や、メール作成や閲覧時に背景色と文字色のコントラストを下げて周囲からの覗き見を防ぐ“オンリービュー機能”を搭載。“Bright Red”/“Frozen White”/“Carbon Black”の3色
D703iのBright Red D703iを横から
D703iのBright RedD703iを横から見たところ
F703i
1mの水深に30分間放置しても浸水しない“IPX7等級”と、全方向から噴流水を受けても内部に進入しない“IPX5等級”の防水仕様を備える“ウォータープルーフ・スリムケータイ”。“スノーホワイト”/“ブロッサムピンク”/“ランプブラック”の3色
F703iのスノーホワイト F703iのスノーホワイト
N703iD
アートディレクター佐藤可士和(さとうかしわ)氏とのコラボレーションによる第2弾製品。“おサイフケータイ”(FeliCa)対応FOMAとして最薄の厚さ15.9mmを実現。YELLOW/WHITE/NAVY/PINKの4色
N703iのYELLOW N703iのYELLOW
P703i
長く伸ばした爪でもメールが打ちやすいという、立体形状の大型キー“WaveTileKey(ウェーブタイルキー)”を採用。“ラメグラホワイト”/“ヘアラインブラック”/“ウェービーブルー”の3色
P703iのウェービーブルー P703iのウェービーブルー
SH703i
おサイフケータイ(FeliCa)対応で、端末に近づける時にも背面ディスプレーが隠れないという“グリップエリア”を備えた“Half Metalic Design(ハーフメタリックデザイン)”を採用。Pink/White/Blackの3色
SH703iのPink SH703iのPink
SO703i
9種類から選べる着せ替えパネル“Style-Upパネル”の裏側にアロマシートを装着でき、香りもデザインも“着せ替え”られるという“アロマケータイ”。コントラスト向上と輪郭強調の技術を組み合わせた高画質エンジン“RealityMax(リアリティーマックス)”を採用。本体は“Romantic Gold”/“Aqua White”/“Misty Black”の3色で、ほかにStyle-Upパネル6色を別売で用意
SO703iのAqua White SO703iのAqua White

800iシリーズ

D800iDS
折りたたみ式ケータイで、ディスプレーを開くと上下に液晶パネルを持ち、下部ディスプレーはタッチパネルになっている“デュアルスクリーンケータイ”。タッチパネルのソフトウェアキーは、通常の携帯電話機と同様のボタン配置(数字+通話/切断機能など)のほか、よく使う通話/メール/カメラの3つの機能に絞ったシンプルなメニュー、6つもしくは15個のアイコンメニュー、6ヵ所まで1タッチで通話開始ができる“直電メニュー”などのモードを用意。文字入力は手書き/2タッチ/5タッチの3種類が選択可能。ホワイト/ブラック/シルバーの3色
D800iのシルバー D800iを横から見たところ
D800iのシルバーD800iを横から見たところ

903iシリーズ

SO903iTV
3インチで16:9のワイドWQVGA液晶パネルを搭載し、コントラスト補正と輪郭強調によってメリハリのある映像を表現できるという“モバイルBRAVIAエンジン”を搭載したワンセグケータイ。FOMAのワンセグケータイで最薄という19.5mmを実現し、TVを視聴しやすい角度(約15度)で横置きができる“軸ずらし”機構を装備。本体内蔵メモリーに最大30分、さらにmicroSDカードにもワンセグの録画(予約録画)が可能。“ブリリアントレッド”/“メタルブラック”/“ピュアホワイト”の3色
SO903iTVのピュアホワイト SO903iTVの液晶パネルを反転
SO903iTVのピュアホワイトSO903iTVの液晶パネルを反転して閉じたところ

なお、発表会の模様や各機種の詳細は追ってレポートする予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン