このページの本文へ

海外対応の防水ケータイやFOMAハイスピード対応など

【速報】NTTドコモ、704iシリーズ8機種の開発を発表

2007年07月04日 17時31分更新

文● 編集部 佐久間康仁/太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモとグループ8社は4日、普及価格のFOMA端末の新製品として、“704i”シリーズ8機種の開発を発表した。今月から10月にかけて順次発売が予定されている。

704iシリーズ 704iシリーズ

今回発表されたのは8機種の主な特徴と発売予定時期は以下の通り。なお、詳細については追ってレポートする。

D704iのBrown D704iのBrown
D704i
幅49×高さ99mmとコンパクトなスライド式ワンセグケータイ。メインディスプレーは約2.4インチQVGA表示。本体カラーはRed/White/Brown/Pinkの4色
8月発売予定
F704iのマゼンタ F704iのマゼンタ
F704i
世界43の国と地域で利用可能な“WORLD WING”(ワールドウィング)対応の、薄型防水ケータイ。水深1mで30分放置しても浸水しない“IPX7等級”と、全方向から噴流水を受けても浸水しないIPX5等級の防水仕様を持つ。WMA対応の音楽プレーヤー機能を搭載。本体カラーはマゼンタ/ホワイト/ゴールド/ブラックの4色
7月発売予定
L704iのBlack Chocolate L704iのBlack Chocolate
L704i
受信時最大3.6Mbpsの高速通信規格“FOMAハイスピード(HSDPA)”に対応したミュージックケータイ。世界153の国と地域で利用可能な“WORLD WING”(WCDMA&GSM/GPRS)対応。本体色は“Black Chocolate”“White Chocolate”“Wine Chocolate”の3色
10月発売予定
P704iのICE WHITE P704iのICE WHITE
P704i
人物をきれいに写すという“スマートフラッシュ”搭載の200万画素デジタルカメラを搭載。前後左右上下の6軸手ぶれ補正を採用する。“うた・ホーダイ”に対応し、WMA形式の音楽再生が可能。本体色は“ICE WHITE”“URBAN BLACK”“ROSE GOLD”の3色。8~9月発売予定
SH704iのGOLD SH704iのGOLD
SH704i
奥行き18.1(最薄部17.7)mmのスリムなワンセグケータイ。2.6インチWQVGA(240×400ドット)表示の“モバイルASV液晶パネル”と、“高画質SVエンジン”を採用。本体色はGOLD/WHITE/BLACK/BLUE/PINKの5色を用意
7~8月発売予定
SO704iのPINK×BUTTERFLY SO704iのPINK×BUTTERFLY
SO704i
9種類の“Style-Upパネル”(別売)を着せ替えられるほか、パネルに合わせたイルミネーションで光を浮かび上がらせるという“イルミネーションきせかえケータイ”。2.7インチWQVGA(240×432ドット)表示の液晶パネルを装備。本体色は“PINK×BATTERFLY”“SILVER×SHINE”“PURPLE×STAR”の3色
7月発売予定
N704iμのプレミアブルー N704iμのプレミアブルー
N704iμ
奥行き11.4mmと、折りたたみ式の3Gケータイで世界最薄(同社調べ、2007年7月4日現在)のボディーを採用。7×7ドットのLEDで時刻や着信などを知らせる“My Signal”(マイシグナル)機能を採用。世界43の国と地域で利用可能な“WORLD WING”対応。本体色は“プレミアブルー”“プレミアホワイト”“プレミアブラック”の3色
P704iμのカクテルゴールド P704iμのカクテルゴールド
P704iμ
奥行き11.4mmで、N704iμと並んで折りたたみ式の3Gケータイで世界最薄(同社調べ、2007年7月4日現在)。ただし、重量はN704iμの90gに対して、P704iμは98g。凹凸を付けた薄型の“シートキー”を採用。世界43の国と地域で利用可能な“WORLD WING”対応。本体色は“カクテルゴールド”“ビスクホワイト”“リュクスブラック”の3色

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン