このページの本文へ

NTTドコモ、ワンセグケータイ『SH704i』と国際ローミング対応の『P704iμ』を27日に発売

2007年07月23日 18時38分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモとNTTドコモグループ8社は23日、今月4日に発表された“FOMA 704i”(関連記事)シリーズから、ワンセグ受信機能を搭載した『SH704i』と、11.4mmの薄さを持つ『P704iμ』を今月27日に全国一斉発売すると発表した。

SH704i

SH704i 『SH704i』。左から“BLACK”“BLUE”“GOLD”“PINK”“WHITE”

SH704iはシャープ(株)製の携帯電話機。同社の液晶テレビ“AQUOS”(アクオス)で培った高画質化技術を採用した2.6インチワイドQVGA(240×400ドット)モバイルASV液晶パネルを搭載し、高画質化回路“SV(super vivid)エンジン”や“6色カラーフィルター”で屋外でも鮮やかな色彩表示を表現している。ワンセグ視聴中も、“受信メール”“電話帳”“スケジュール”などをワンセグ画面と同時表示できる“マルチウインドウ機能”を搭載している。

カメラは外側に130万画素CMOSセンサーを搭載し、内側のサブカメラは搭載しない。連続通話時間は音声が約180分、テレビ電話が約120分。連続待受時間は静止時で約420時間、移動時で約300時間。本体サイズは幅48×厚さ17.9×高さ100mm、重さは約109g。カラーは“GOLD”“WHITE”“BLACK”“BLUE”“PINK”の5色となる。


P704iμ

P704iμ 『P704iμ』。カラーは左から“カクテルゴールド”“ビスクホワイト”“リュクスブラック”

P704iμはパナソニック モバイルコミュニケーションズ(株)製の携帯電話機。国際ローミングサービス“WORLD WING”(ワールドウィング)に対応する(W-CDMA方式のみ)のが特徴。17日に発表された『N704iμ』(関連記事)と同様に、国際ローミングサービスへの対応新たなカラーバリエーションを備えるのが、前モデル『P703iμ』からの主な変更点となる。

ディスプレーは約2.2インチQVGA(240×320ドット)液晶パネルを採用。カメラは外側に130万画素CMOSセンサーを、内側は11万画素CMOSセンサーを搭載。連続通話時間は音声が約120分、テレビ電話が約80分。連続待受時間は静止時で約400時間、移動時で約270時間。本体サイズは幅49×厚さ11.4×高さ103mm、重さは約98g。カラーは“カクテルゴールド”“ビスクホワイト”“リュクスブラック”の3タイプを用意する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン