このページの本文へ

ロジテック、ダブルアンテナ搭載のUSBワンセグチューナー『LDT-1S301U』を発売

2007年06月06日 17時49分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロジテック(株)は6日、業界初(同社調べ)という受信アンテナを2本装備して受信感度を向上させた“ダブルアンテナ”を採用したUSB 2.0接続のワンセグチューナー『LDT-1S301U』を今月下旬に発売すると発表した。価格はオープンプライス。予想実売価格は約1万円。

利用イメージ

利用イメージ

LDT-1S301U

LDT-1S301U

LDT-1S301Uは、アンテナを2本装備した“ダブルアンテナ”を採用して、従来のアンテナが1本の製品に比べて受信感度を向上させているのが特徴。水平/垂直稼動のメインアンテナが17cm、水平のみ稼動するセカンドアンテナが12.5cmで、セカンドアンテナを“仮想グランドプレーン”(アース)として利用することにより、メインアンテナが見かけ上2倍の長さのアンテナに匹敵する受信感度を得られるという。また、USB端子を覆う部分には“スライド式USBキャップ”を採用しており、キャップの紛失などを防止できる。

表示機能は、データ放送や字幕表示、EPG(電子番組表)、iEPG(インターネット経由の電子番組表)にも対応する。番組の録画中に録画している番組を再生できる“タイムシフト再生機能”のほか、最長で10分間さかのぼって録画できるさかのぼり録画機能”を搭載している。ただし、この機能はあらかじめさかのぼり録画機能を有効にしておく必要がある。

インターフェースはUSB 2.0/1.1。電源はUSBバスパワーを利用する。消費電力は110mA。本体サイズは幅20×奥行き55.9×高さ8.6mm(アンテナ、突起部を除く)。重量は約12g。対応OSはWindows Vista/XP Home Edition SP2以降/XP Professional SP2以降。対応機種はPentium 4-1GHz以上のCPUもしくは同等スペック以上のCPU、256MB以上のメモリーを搭載したPC/AT互換機、PC98-NXシリーズ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン