このページの本文へ

最大4番組の同時録画に対応!!

ロジテック、ダブルチューナーとトリプルアンテナのUSBワンセグチューナーを発売

2007年12月05日 16時01分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジテック(株)は5日、ワンセグチューナーを2基内蔵したUSBワンセグチューナー「LDT-1S30X4U」を今月上旬に発売すると発表した。価格はオープンプライス。予想実売価格は1万6800円。

LDT-1S30X4U

LDT-1S30X4U



USBハブ内蔵でUSBワンセグチューナーを2基増設可能


追加装着できるLDT-1S301U

追加装着できるLDT-1S301U

 LDT-1S30X4Uは、3本の受信アンテナとブースターを搭載したUSBワンセグチューナー。本体背面にUSB×2のUSBハブ(Full-Speed対応)を備えており、同社が6月に発表したUSBワンセグチューナー「LDT-1S301U」(関連記事)をさらに2基追加で装着できる。これにより最大で4番組同時再生・録画を可能としたのが特徴。ただし、追加の際には、LDT-1S301Uのアンテナを取り外し、LDT-1S30X4U背部のアンテナケーブルを接続する必要がある。内蔵チューナーだけで利用する場合はUSBバスパワーで駆動するが、LDT-1S301Uを増設する場合は同梱のACアダプターが必要

4番組視聴イメージ

4番組視聴イメージ(画面にはモザイク処理をかけてあります)

 3本のアンテナは、左右2本のアンテナを「仮想グランドプレーン」(アース)として利用することにより高感度を実現するという。また、中央アンテナはF型コネクターを採用しており、自宅のTVアンテナ端子に直接接続して電波を受信することもできる。

 ワンセグ表示機能は、データ放送や字幕表示、EPG(電子番組表)に対応。iEPG(インターネット経由の電子番組表)にも対応する。番組の録画中に、録画している番組を再生できる「タイムシフト再生機能」のほか、最長で10分間の時間をさかのぼって録画できる「さかのぼり録画機能」を搭載している。

 インターフェースはUSB 2.0/1.1(Full-Speed)。USBバスパワー時の消費電流は270mA。本体サイズは幅121.8×112.5×高さ36.2mm、重量は300g(アンテナ含む)。対応OSはWindows Vista/XP。USBワンセグチューナーを2台増設する場合はCPUにCore 2 Duo相当のCPUを搭載しているパソコンが必要となる。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン