このページの本文へ

ロジテック、3Dサラウンドを楽しめるUSBワンセグチューナーを発売

2008年01月09日 16時17分更新

文● 編集部 小浜雅胤

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジテック(株)は9日、3Dサラウンドを体感できるUSB 2.0接続ワンセグTVチューナー「LDT-1S303U」を発売すると発表した。価格はオープン。予想実売価格は9980円。今月中旬発売予定。

「LDT-1S303U」

「LDT-1S303U」

 LDT-1S303Uは、同社が6月に発売した「LDT-1S301U」の後継モデル(関連記事)。前機種と同様に、2本の受信アンテナを装備することにより受信感度を向上させているという。

 LDT-1S303Uの特徴は、ワンセグチューナーとしては業界初(同社調べ)となる3Dサラウンド機能「Sonaptic 3D ポジショナルオーディオテクノロジー」を搭載した点にある。この機能により、ワンセグ放送のステレオソースから広がりのある音場空間を実現し、2chのステレオスピーカーやヘッドフォンでも臨場感と迫力のあるサウンドが楽しめるという。

 視聴・録画ソフトの「らくデジビュー」が付属し、EPG(電子番組表)、iEPG(インターテット経由の電子番組表)、データ放送、字幕表示に対応する。また、録画中の番組を頭から再生できる「タイムシフト再生機能」や、番組視聴中に常に録画を行なうことで、見逃した番組を最大10分間さかのぼれる「さかのぼり録画機能」なども用意されている。

 さらにLDT-1S303からは、録画した番組をほかの製品でも再生できる機能が追加されている。例えば、LDT-1S303Uを使って録画した番組を、microSDカードに「ムーブ」し、SD-Videoに対応した携帯電話機で再生できる。

 インターフェースはUSB 2.0/1.1。本体サイズは幅20×奥行き55.9×高さ8.6mm、重さは12g。対応OSはWindows Vista/XP Home Edition SP2以降/XP Professional SP2以降。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン