このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ウェブアプリの弱点をなくす新技術“Google Gears”とは

2007年05月31日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウェブの標準化を目指す


 Google Gearsは、Windows、MacOS、Linuxといった主要なOSをサポートしている。ウェブブラウザーに関しても、Internet ExplorerやFirefox、Operaなど豊富だ。Macユーザーの利用率が高いSafariにも将来的に対応するという。

グーグルのデベロッパープログラム担当 Bret Taylor氏は開発の意気込みを次のように語る。

Bret Taylor氏

デベロッパープログラム担当 Bret Taylor氏

「Google Gearsのゴールは、ウェブの中で標準となるものを確立すること。オープンソースとして提供することで標準化が加速するだろう」

 米Mozilla Foundation社、米Adobe Systems社、Opera Software社などがGoogle Gearsへの支持を表明し、開発に協力している。


マイクロソフトのOfficeがなくなる日


 オフィスソフトの分野では、グーグルの『Google Docs & Spreadsheets』などの無料で使えるウェブアプリが登場しているが、マイクロソフトのOfficeが不要という状態には至っていない。“オフラインでは使えない”という決定的な弱点がウェブアプリにはあったからだ。

 しかし、Google Gearsが標準化すれば、こうした弱点も解消され、あらゆるソフトのウェブアプリ化が進むとグーグルでは考えている。パソコンにソフトをインストールすることなく、どんな場所でも誰のパソコンでも、使いたい機能があればウェブブラウザーから直接アクセスすれだけで済む。そんな未来は近いのかもしれない。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン