このページの本文へ

“AMD 690G”搭載でATXサイズ!HDMIも備えるマザーがGigabyteから発売に

2007年05月25日 22時05分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteから“AMD 690G”を搭載するSocket AM2対応マザーボード「GA-MA69G-S3H」が発売されている。同チップセット搭載の製品としては、初のATXフォームファクタを採用するのが特徴だ。

“AMD 690G”搭載の製品としては、初のATXフォームファクタを採用するのが特徴のGigabyte製Socket AM2対応マザーボード「GA-MA69G-S3H」

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express x16×1、PCI Express x4×1、PCI Express x1×3、PCI×2で、メモリはDDR2 DIMM×4(DDR2-800/667/533、最大16GBまで)。オンボードインターフェイスにはVGAや8chサウンド(Realtek/ALC889A)、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8110)、IEEE1394、Serial ATA II(RAID対応)×4などを搭載し、I/O部にはHDMIも1ポート装備する。
 Gigabyteのお家芸ともなりつつあるVGA統合型チップセットを採用したATX対応マザーボードであるが、今回のモデルも拡張性にこだわるユーザーにとっては注目の製品となりそうだ。価格は高速電脳で1万1480円、アークで1万1500円(近日入荷)、T-ZONE.PC DIY SHOPで1万1880円となっている。

I/O部にはHDMIも1ポート装備。拡張性にこだわるユーザーにとっては注目の製品となりそう

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中