このページの本文へ

ネットスイートとホワイトパジャマが協業、小規模コンタクトセンターをSaaSで構築

2007年05月14日 21時03分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SaaSベンダーのネットスイートとホワイトパジャマ・ジャパンは、5月14日、東京都内で会見し、コンタクトセンター向けソリューションの提供で協業すると発表した。両社のSaaS型CRMとコンタクトセンター構築・運営サービスの製品連携を図り、クロスセールスや代理店の拡大など営業面でも協力する。

製品連携の実現で小規模コンタクトセンターの需要獲得狙う

ホワイトパジャマ・ジャパンの代表取締役社長の鈴木禎宏氏(手前)と、ネットスイートの代表取締役社長の東貴彦氏

ホワイトパジャマ・ジャパンの鈴木禎宏社長(手前)とネットスイートの東貴彦社長

「1席からコンタクトセンターから立ち上げることができる。これはまさにSaaS(Software as a Service)モデルの特徴そのものだ」

 ネットスイートの代表取締役社長である東貴彦氏はホワイトパジャマ・ジャパンとの協業によるメリットをこのように話す。

 ネットスイートが提供する「NetSuite」は、単一のデータベースをマルチビューで見せることでCRM/ERP/Eコマースなどの機能を実現するアプリケーション。「“ネット”で“スイート”を提供する」(東氏)というように、中堅・中小企業向けに基幹系の統合ソリューションをSaaSモデルで提供する特徴を持つ。

 一方のホワイトパジャマが提供するのは、米コンタクチュアルのコンタクトセンター構築・運営ソリューション「Contactual」。ContactualもSaaSで提供されており、メールやチャット、電話などによる問い合わせへ対応するコンタクトセンター機能を、初期投資をかけずに導入・構築できるのが売りだ。

両社の製品連携のイメージ。Contactual側で着信した電話の情報をもとにNetSuiteのCRM機能を呼び出す

両社の製品連携のイメージ。Contactual側で着信した電話の情報をもとにNetSuiteのCRM機能を呼び出す

 こうしたSaaSモデルでの展開に特徴を持つ両社が今回、協業に踏み切ったのは、すでに米国で両社の親会社同士が協業関係にあった背景がある。Web APIによる製品連携もすでに実現しており、顧客からの電話に反応してContactualがNetSuiteのCRM機能を呼び出し、NetSuite側の顧客情報を参照するといった使い方が可能である。

 今後両社では、連携ソリューションの技術開発、販売パートナー向けの営業支援および技術支援、プロモーション、早期導入ユーザー向けの支援などを共同で行なう計画。「実際の導入は両社がそれぞれの顧客に対して行なうが、その際も技術面などでは協力していく」(ホワイトパジャマ・ジャパンの代表取締役社長の鈴木禎宏氏)。

 両社が提供するソリューションの価格は、併せて3万6000円/1ユーザー程度からとなる見込みで、50席以下の小規模なセンターをターゲットに普及を目指す。ネットスイートの東氏は「まずは先行事例を作りたい。少なくとも1年以内に事例となる顧客を5件獲得する」と話している。

カテゴリートップへ

ピックアップ