このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Virtual Earthの作り方

2007年04月26日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 地図サービスと言えば、米グーグル社の“Googleアース”と米マイクロソフト社の“Virtual Earth”が有名だが、最近の筆者のお気に入りはVirtual Earthだ。


virtual earth550

 その理由は、Virtual Earthのリアルな3Dマップにある。Googleアースの3Dマップではほとんどの建物が灰色の立方体で表示されるのに対し、Virtual Earthではビルの形状だけでなく外観も分かる3D画像として表示される。

 そこで疑問に思ったのは、Virtual Earthの3Dマップは誰が作っているのかということだ。建物ひとつひとつのモデリングデータを作り、建物の外観を撮影してテクスチャーを貼り付けているとしたら、気が遠くなるような時間がかかりそうだ。Goolge アースでは大部分の3Dデータをユーザーが作成しているが、もしかしてVirtual Eartuhではマイクロソフトのデザイナーが総出で作っているのだろうか……!?

 マイクロソフト(株)に取材を行い、その謎に迫ってみた。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン