このページの本文へ

日立システム、企業内コンテンツ管理システム「ラビニティ ECM」を発売

2007年01月09日 00時00分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日立システムアンドサービス(日立システム)は、企業内コンテンツ管理(ECM:Enterprise Contents Management)システム「ラビニティ ECM」の販売を開始した。

情報漏えい防止や監査対策に有効なECMソリューション

 「ラビ二ティ ECM」は、企業内で作成・利用するさまざまな業務文書を全社的に統合管理するコンテンツ管理システム。文書の改ざん/漏えい防止、ユーザーの操作履歴の記録など、ルールに基づく業務内容の記録・管理を実現する。

 ラビニティ ECMは、審査・承認が必要な「公開文書」と、文書の共有を目的として手軽な操作で保管できる「一般文書」に区分して管理する。公開文書は、審査・承認機能によって承認が得られた後、文書が指定のフォルダに登録・公開され、審査・承認時の判断はコメントとして残すことが可能。タイムスタンプ機能や電子署名機能によって、承認後のデータが改ざんされていないことを証明できる。

 また、フォルダ、文書に対するユーザー操作の履歴を表示する「監査証跡機能」を搭載しており、フォルダ・文書ごとにアクセス権限の設定も可能。重要文書の閲覧を部門内に限定するなど、きめ細かなセキュリティ管理を実現する。

 価格は490万6650円から。導入の前提となるデータベース「HiRDB」、分散オブジェクト基盤「TPBroker」、Webアプリケーション基盤「Cosminexus」およびハードウェアを含めた価格は、1000万円/10ユーザーからとなる。保守サポート「ラビニティ ECM サポートサービス」は製品価格の15%(年額)。

 同製品は、既存システムとの連携による機能拡張、カスタマイズに対応しており、日立システムは各種コンサルテーションやソリューションサービスを組み合わせて、今後3年間で20億円の売上を見込む。

■関連サイト
日立システム
http://www.hitachi-system.co.jp/

カテゴリートップへ

ピックアップ