このページの本文へ

開発者を魅了するマイクロソフトの開発プラットフォームを探れ

開発者を魅了するマイクロソフトの開発プラットフォームを探れ

いよいよ64ビット化を遂げた最新開発環境「Visual Studio 2022」、20周年を迎えた最新の.NET 6が登場。GitHubやMicrosoft Azureをあわせた包括的なプラットフォームを擁するマイクロソフトが描く開発者やコミュニティにとっての未来とは?

2022年05月16日 09時00分更新

文● 大谷イビサ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • Java on Azureを支えるテクノロジー Spring、Open Liberty、KEDAの基礎を学ぶ

    2022年05月16日 09時00分

    Java on Azure Day 2022でヴイエムウェア、日本IBM、レッドハットが登壇

    Java on Azureを支えるテクノロジー Spring、Open Liberty、KEDAの基礎を学ぶ

    4月21日に開催された「Java on Azure Day 2022」では、Azure上でのJava開発を支援するためのイベントだ。マイクロソフトのJavaへの取り組みを解説した基調講演に続いてはヴイエムウェア、IBM、レッドハットのパートナー3社がセッションを披露。クラウドネイティブでのJava活用を支えるSpring、Open Liberty、Quarkus・KEDAについてわかりやすく解説した。

  • Javaのクラウド活用を学ぶ「Java on Azure Day 2022」が今年も開催

    2022年04月22日 10時00分

    NRIデジタルから見たJava on Azureのメリットと使い所

    Javaのクラウド活用を学ぶ「Java on Azure Day 2022」が今年も開催

    4月21日、マイクロソフトは昨年に引き続きAzure上のJava活用にフォーカスした「Java on Azure Day 2022」を開催した。基調講演に登壇したMicrosoft Corporationの寺田 佳央氏は、この1年のJava on Azureのアップデートを紹介。また、ヤマト運輸のシステムでJava on Azureを実践しているNRIデジタルの湯川勇太氏をゲストに招いて、クラウド活用のポイントについて聞いた。

  • コミュニティを通じて技術をもっと楽しもう!「Microsoft Developer Night」が伝えたこと

    2022年02月25日 08時00分

    “夜の部”は技術コミュニティが主役、マイクロソフト社員も自らのコミュニティ経験からアドバイス

    コミュニティを通じて技術をもっと楽しもう!「Microsoft Developer Night」が伝えたこと

    2022年2月3日夜に開催された開発者向け技術イベント「Microsoft Developer Night」では、Java、Web開発、エッジAI、IoT、デジタルツイン+Mixed Reality(MR)など多彩な技術の最新情報を紹介するセッションと、技術コミュニティでの活動を継続的に楽しみ、技術者としての学びを深めていくコツについて語り合うパネルディスカッションが披露された。リラックスした雰囲気の中で盛り上がった同イベントのもようをレポートする。

  • 「Azure Rock Star」って何だ? 技術コミュニティと向き合うマイクロソフトの2人にじっくり聞いた

    2022年02月24日 13時45分

    開発者一人ひとりの成長を支援する、ARSプログラムとMicrosoft MVPアワード

    「Azure Rock Star」って何だ? 技術コミュニティと向き合うマイクロソフトの2人にじっくり聞いた

    日本マイクロソフトでは、「Azure Rock Starプログラム」や「Microsoft MVPアワードプログラム」といった開発者の技術コミュニティ活動を支援するプログラムを提供している。それらを通じて、マイクロソフトは開発者とどう向き合っているのだろうか。プログラムを担当する2人にじっくりと聞いてみた。

  • Microsoft MVPたちが率直に語るマイクロソフトへの期待、強み、提言とは?

    2022年02月22日 09時00分

    Microsoft Developer Dayの最後はMicrosoft MVPたちのラウンドテーブル

    Microsoft MVPたちが率直に語るマイクロソフトへの期待、強み、提言とは?

     Microsoft Developer Dayの最後のラウンドテーブルにゲストとして登壇したのはMicrosoft MVPやRegional Directorを務める亀渕景司氏(pnop)、小島淳氏(オルターブース)、三宅和之氏(ゼンアーキテクツ )の3人。マイクロソフト コーポレーション グローバル ブラックベルト Azure App Innovation スペシャリストである井上章氏がモデレーターを務め、ゲストに質問を投げかけた。

  • Microsoft Developer Dayで見えたVisual Studio、.NET、GitHubのある開発風景

    2022年02月18日 14時00分

    App Dev、DevOps、Comminityのトラックで見つけた注目セッション

    Microsoft Developer Dayで見えたVisual Studio、.NET、GitHubのある開発風景

    2月3日にオンラインで開催された「Microsoft Developer Day」。キーノートに引き続いては、App Dev、DevOps、Communityという3つのトラックで見つけたオススメのセッションを紹介する。Visual Studio 2022や.NET 6、GitHubなどのツールを一体で使える包括的な開発プラットフォームの魅力が存分に伝わった。

  • マイクロソフトがつねに描いてきた未来 開発ツール、コミュニティの価値

    2022年02月09日 09時00分

    Microsoft Developer Dayのキーノートは開発者へのフォーカスをアピール

    マイクロソフトがつねに描いてきた未来 開発ツール、コミュニティの価値

    2022年2月3日、日本マイクロソフトは開発者にフォーカスした技術イベント「Microsoft Developer Day」を開催した。キーノートにはマイクロソフトの横井羽衣子氏、井上章氏、小田祥平氏が登壇し、マイクロソフトが描いてきた未来を振り返りつつ、開発者を支えるツールとしてVisual Studio 2022や.NET、そしてコミュニティ活動について紹介した。

  • あらゆるプラットフォームで、どんなアプリでも .NETが20年目に到達した高み

    2022年01月25日 09時00分

    「すべてのアプリのための統一プラットフォーム」を目指した.NETの過去、現在、未来

    あらゆるプラットフォームで、どんなアプリでも .NETが20年目に到達した高み

    昨年リリースされた.NET 6は、マイクロソフトが長らく目指してきた「すべてのアプリのための統一プラットフォーム」の1つの到達点だ。Windowsのみならず、あらゆるプラットフォームで、デスクトップやWebだけでなく、どんなアプリでも。2002年の.NET Framework 1.0のリリース以来、20年目を迎える.NETは、果たしてどこまで行き着いたのか? 日本マイクロソフトの井上章氏、横井 羽衣子氏に聞いた。

  • 開発生産性の向上を実感!64ビット化した「Visual Studio 2022」の魅力

    2022年01月20日 09時00分

    開発者がメリットを感じるメジャーバージョンアップの中身

    開発生産性の向上を実感!64ビット化した「Visual Studio 2022」の魅力

    マイクロソフトが誇る統合開発環境の最新版「Visual Studio 2022」がいよいよリリースされた。一途に開発生産性の向上を追い求めてきた末の今回のメジャーバージョンアップでは、いよいよ64ビット化を実現し、GitHubとの連携強化、ホットリロードといった新機能も搭載。そしてVisual Studio CodeやブラウザベースのVisual Studio Code for the Web(vscode.dev)、新設計のMac版などVisual Studioファミリーとしてのラインナップ強化も行なった。マイクロソフトコーポレーション 井上章氏、日本マイクロソフト 横井 羽衣子氏に、Visual Studio 2022の魅力について聞いた。

  • 64ビット版となったVisual Studio 2022が正式リリース ホットリロードをアピール

    2021年11月09日 16時30分

    ローンチイベントではメリットを実感できる多彩なデモが披露

    64ビット版となったVisual Studio 2022が正式リリース ホットリロードをアピール

    米マイクロソフトは統合開発ツール「Visual Studio 2022」を正式リリース。Visual Studio 2022は初の64ビットネイティブアプリケーションとなり、大容量メモリへの対応と高速化が実現される。

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!