このページの本文へ

ローンチイベントではメリットを実感できる多彩なデモが披露

64ビット版となったVisual Studio 2022が正式リリース ホットリロードをアピール

2021年11月09日 16時30分更新

文● 大谷イビサ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2021年11月9日、米マイクロソフトは統合開発ツール「Visual Studio 2022」を正式リリースした。ローンチイベントでは、米マイクロソフト パートナープログラムマネージャーのスコット・ハンセルマン氏のモデレートの元、開発チームのメンバーが次々と登壇。開発者のメリットや新機能をアピールするデモが披露された。

米マイクロソフト パートナープログラムマネージャー スコット・ハンセルマン氏

 Visual Studio 2022は初の64ビットネイティブアプリケーションとなり、大容量メモリへの対応と高速化が実現される。ローンチイベントに登壇したVisual Studio 2022の開発部門を率いるアマンダ・シルバー氏(米マイクロソフト プログラムマネジメント CVP)は「64ビット版として再構築された最初のバージョン。記念すべきリリース」とアピール。大規模システムの開発においてもパフォーマンスを発揮し、メモリも効率的に利用できるという。

米マイクロソフト プログラムマネジメント CVP アマンダ・シルバー氏

 また、実行中のアプリケーションに対して迅速にコードを反映する「ホットリロード」の機能も強化された。コードを書いている途中に変更箇所が動くかアプリケーションの動作をチェックし、またコードの記述に戻るといった開発者の反復作業を軽減するという。動作中のゲームにホットリロードを適用し、シールドの形状や色をリアルタイムに変更するデモが披露された。

 その他、ローンチイベントではWPFやWinForm、ASP.NETでのホットリロード対応、CMakeとWSLを用いたクロスプラットフォーム開発、Linuxアプリケーションの開発やテスト、GitHubと統合されたCI/CDオペレーションなども多彩なデモが披露された。

イベントの最後は天井がバルーンが降り注ぎ、ローンチを祝った

カテゴリートップへ