このページの本文へ

選ばれるデータセンターを目指して。アット東京が「つなぐ」もの

選ばれるデータセンターを目指して。アット東京が「つなぐ」もの

急速に進化するIT/データ社会において、ITインフラと企業の事業継続を支え、ビジネスを発展させるために、一分一秒たりとも止められないのがデータセンターだ。本特集では3つの側面から、アット東京のデータセンターにおける最新の取り組みを例にとり、“データセンターのいま”について考えていきたい。

2021年04月19日 11時00分更新

文● アット東京 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • ITがもたらす豊かな社会を未来につなぐ。アット東京の環境への取り組み

    2021年04月19日 11時00分

    省エネルギー、資源の有効利用、リサイクル――安心・安全な運用の裏にあるもうひとつの取り組み

    ITがもたらす豊かな社会を未来につなぐ。アット東京の環境への取り組み

    エネルギーを大量に消費するデータセンターでは、省エネへの取り組みによる環境への配慮が欠かせない。アット東京では、日々大量のエネルギーを消費し、多種多様な設備を運用しながら、地球環境に対しても常に高い意識を持ち続けている。省エネ・資源の有効利用・リサイクルによる環境への配慮を両立させた環境配慮型データセンターを目指す姿を追う。

  • 顧客とデータセンターの現場をつなぐ。アット東京の運用サービス

    2021年04月12日 11時00分

    人の移動や接触が制限されるコロナ禍で注目されるリモート作業代行サービス、遠隔監視システム

    顧客とデータセンターの現場をつなぐ。アット東京の運用サービス

    コロナ禍で人の移動や人どうしの接触を減らすことが求められる中、アット東京のオンサイトサービスがこれまで以上に注目を集めている。

  • 顧客と新たなビジネスをつなぐ。アット東京が生み出すプラットフォーム

    2021年04月05日 11時00分

    単なるコネクティビティを超え、新たな企業間連携基盤を目指す「ATBeX Service Platform」

    顧客と新たなビジネスをつなぐ。アット東京が生み出すプラットフォーム

    アット東京が提供する「ATBeX」は、ユーザーとクラウド、IX、通信キャリア、さらには他の企業や海外データセンターとの柔軟なネットワークコネクティビティ(接続性)を実現するサービスだ。このATBeXがさらに進化しようとしている。