このページの本文へ

特集記事

経済予備校

経済予備校

ビジネスマンがキャリアアップやスキルアップをするためには、経済や業界動向の知識は不可欠。本特集では、「ワーキングプア」「M&A」などトレンドのキーワードで、最新動向をわかりやすく紹介。

2008年08月25日 04時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • 世界のカネ余り現象と怖い日本の将来

    2008年08月25日 04時00分

    最終回~ノックダウン寸前の日本の景気~

    世界のカネ余り現象と怖い日本の将来

    「経済予備校」ではこれまで6回にわたり、経済や社会を知る上でカギとなるキーワードについて解説してきた。連載最終回の今回は「日本の景気」を取り上げる。私たちは実感できていないが戦後最長の回復をとげていた日本の景気が、後退局面に入った。世界では“カネ余り”の状況にあるという。今後の日本の景気はどうなっていくのだろうか。

  • 内部統制で遊ぼう

    2008年08月08日 18時00分

    内部統制~実施はやっぱり大変か?~

    内部統制で遊ぼう

    「内部統制」という言葉には、「固い」「難しい」「義務」というイメージがつきまといがちだ。しかし、たった1人のミスで顧客情報漏えいなどがあれば、企業の信頼は崩落してしまうこともあるため、軽んじることはできない。企業は相応のリソースを割かなければならず、経営を圧迫するケースもあるだろう。企業にとって悩ましい「内部統制」と、どのように付き合っていけばいいのだろうか。

  • 企業が生き残るために今すべきこと

    2008年08月04日 04時00分

    CSR~単なるコスト負担と考えるなかれ~

    企業が生き残るために今すべきこと

    近年、「CSR」という言葉が飛び交っている。CSR活動は直接収益をあげるものではないとして、実際には取り組めていない企業が多いが、企業が今後存続していくためには、無視できないものとなっている。

  • AQUOSケータイから見た中国ビジネス

    2008年07月25日 04時00分

    中国経済~経済予備校・番外編~

    AQUOSケータイから見た中国ビジネス

    第4回「経済予備校」では、中国ビジネスを分析する。しかし、昨今中国ビジネス本はすでにさまざまな有識者、中国駐在員から出版され、さまざまなメディアでも語られているため、今回は、中国在住で海外IT事情に強い山谷剛史氏が「ケータイから見た中国」というテーマで解説する。

  • 原油高 おさえておきたい基礎の基礎

    2008年07月22日 04時00分

    原油高騰~消費者への影響はこれから始まる~

    原油高 おさえておきたい基礎の基礎

    原油価格の高騰が止まらない。1990年代に1バレル当たり10~20ドル台で推移していた原油価格は現在急上昇し、7月には147ドルにまで達した。とどまることを知らない原油価格の高騰は、何によってもたらされ、社会や経済にどんな影響を与えるのだろうか。

  • 合併や買収は、弱い社員の敵なのか!?

    2008年07月11日 04時00分

    M&A~もう他人事ではありません~

    合併や買収は、弱い社員の敵なのか!?

    M&Aは「Mergers and Acquisitions」の略で、企業の「合併と買収」を意味する。もはや経済メディアで目にしない日はないほど一般的な言葉となり、自分の会社もいつM&Aされるかもしれないのだ。最近の動向に迫る。

  • 忍び寄る正社員クライシス!

    2008年07月04日 04時00分

    ワーキングプア~明日の私はひどい目に!?~

    忍び寄る正社員クライシス!

    ワーキングプア。すでに広く知られているこの言葉だが、昨今意外にも「正社員」層がワーキングプアに陥ってしまっているという。その実情を探る。(2008年7月04日更新)

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ