GIGABYTE「TRX50 AERO D」

Ryzen Threadripper 7000に対応する初のSocket sTR5対応マザーが発売

文●山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEから、AMD TRX50チップセットを搭載したクリエイター向けマザーボード「TRX50 AERO D」が発売された。価格は13万8000円。パソコンショップアーク、オリオスペック、ツクモパソコン本店に入荷したがすでに完売となっている。

Ryzen Threadripper 7000に対応する初のSocket sTR5対応マザーが発売

AMD TRX50チップセットを搭載したクリエイター向けマザーボード「TRX50 AERO D」。入荷数は少なくすでに完売となっている

 先日発売された「Ryzen Threadripper 7000/PRO 7000 WX」シリーズが利用できるSocket sTR5対応マザーボード。ブラック基板にシルバーのヒートシンクをふんだんに使用した製品で、16+8+4フェーズ電源回路やクアッドチャンネル対応のDDR5-R-DIMMスロットを備えている。

Ryzen Threadripper 7000に対応する初のSocket sTR5対応マザーが発売

初のSocket sTR5対応マザーボードとなる「TRX50 AERO D」、クリエイター向けのAEROシリーズでシンプルなデザインとなっている

 基本スペックは、拡張スロットがPCI Express(5.0) x16×2、PCI Express(4.0) x16×1。メモリーはクアッドチャネルアクセスに対応したDDR5 DIMM×4(DDR5-7800(OC)/5200/4800/4400MHz、ECC対応最大1TB)。オンボードインターフェースとして、10ギガビットLAN(Marvell AQtion AQC113C)、2.5ギガビットLAN(Realtek)、Wi-Fi 7 (IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax/be) +Bluetooth 5.3 (Qualcomm)、サウンド(Realtek ALC4080 2CH HD Audio+Realtek ALC897 HD Audio)、M.2×4、SATA3.0×8、USB 3.2 Gen2×2×1、USB4(Type-C)×2などを装備。グラフィックス出力機能としてUSB 40Gbps(USB4)Type-C×1を備える。

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月