このページの本文へ

MSX0でUSBキーボード・ゲームパッドを使用可能にする同人ハードがアキバに入荷

2023年05月26日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSX0でUSBキーボード・ゲームパッドを使用可能にする「MSX0 USB-Keyboard MBUS Stack」の取り扱いが家電のケンちゃんで始まった。機能と厚みの異なる2モデル展開で、13mmモデルが7800円、6.5mmモデルが6480円。ただし初回入荷分は早々に完売している。

MSX0にUSBキーボードやゲームパッドが繋がる! 仕様違いの2タイプがあるが、より多機能な13mmモデルは即完売、6.5mmモデルも完売寸前だった

 MSX0は、マイコンモジュールのM5StackにMSXエミュレーターを実装したもので、懐かしのゲームをプレイしたりIoTプログラムを組むことができる。いわばM5Stack版のMSXといった存在だ。入力デバイスとしてはM5Stack Facesキーボードやゲームパッドが利用可能なところ、本製品を使用することで、USBキーボード・ゲームパッドが使えるようになる。

 別売りの「M5 Stack USB Module with MAX3421E」と合わせて使用するStackで、MSX0のKEYBOARDモードおよびGAME PADモードに対応。キーボードは日本語108/109キーボードをサポートするほか、ロジクールのUnifyingレシーバーを用いたワイヤレスキーボードも動作確認済み。ただしゲームパッドを使用する際は、ファームの書き換えが必要となる。

M5StackにStackして使用するモジュールで、13mmモデルはジョイスティック端子を搭載している

MSX0を使ったゲームプレイにもUSBゲームパッドを使用可能。なお製品には、はんだ作業等が必要ないように「M5 USB HOST Module」が標準で付属している

 なお今回入荷したのは「M5 USB HOST Module」が付属した完成品のため、はんだ付け作業は不要。また、使用する際はM5 USB HOST Moduleが下側になるようにスタックする必要があり、誤った接続方法ではMSX0が起動しない点には注意したい。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン