3D都市モデル「Project PLATEAU」、2023年度プロジェクトを発表

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 国土交通省都市局は4月19日、「Project PLATEAU」の2023年度のプロジェクトを発表した。

 Project PLATEAUは2020年度にスタートした都市デジタルツインの社会実装を進める国土交通省の取り組み。現実の都市空間をサイバー空間で再現する3D都市モデルをこれからの社会のデジタル・インフラとして位置付け、全国でその整備・活用・オープンデータ化を進めてきた。2022年度までに3D都市モデルの整備範囲は全国およそ130都市に拡大するとともに、官民の多様な領域でユースケースが開発され、その社会実装が進んでいる。

 2023年度は、これらの取り組みをさらに発展させ、国・地方自治体・民間企業・研究機関等の多様な主体が相互に連携し、3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化が自律的に発展するエコシステムの構築を目指すとしている。引き続き3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化のエコシステムの構築に向け、さらなる取り組みの深化を図る。

 具体的には、①エコシステムの構築、②データ整備の高度化・効率化、③ユースケースのベストプラクティス開発、④オープン・イノベーション創出、⑤地域の社会実装の5つのテーマのもと、およそ40件のプロジェクトを採択。地方公共団体はおよそ50団体が参画し、データ整備範囲は約200都市に拡大する予定。詳細は参考資料(PDF)を確認のこと。

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
04月
06月