JAPANNEXT、USB Type-C給電に対応した4Kディスプレー「JN-IPS282UHDR-C65W」発売

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JAPANNEXTは3月3日、最大65WのUSB Type-C給電に対応した28型4K液晶ディスプレー「JN-IPS282UHDR-C65W」を発売した。同社直販価格は3万9980円。

 4K解像度に対応したIPSパネルは、複数のウィンドウの同時表示を可能にし、生産性を高められる。最大輝度300cd/m2の液晶パネルはsRGB100%の広色域に対応し動画や写真も色鮮やかに美しく表示する。

 USB Type-C給電に対応し、ノートPCに接続すれば映像出力と充電をケーブル1本で済ませられる。複数の入力を同時に表示できる「PBP」や、2つの入力の1つを子画面で表示する「PIP」機能に対応している。

 高さ調整が可能な昇降式スタンドを搭載、130mmの範囲内で最適な高さに画面を調整可能。また縦画面として使用出来るピボット(回転)機能にも対応している。

 入力インターフェースにはHDMI 2.0、DisplayPort 1.2、USB Type-C(最大65W給電)を1つずつ装備している。また、KVM機能に対応したUSB Type-B×1、Type-A×2を搭載。入力を切り替えても同じマウス、キーボードでそのまま操作できる。

 製品サイズは、スタンド付きで高さ410~540×幅639×奥行219mm、スタンド無しで高さ355×幅615×奥行50mm、重量はおよそ5.6kgとなっている。100×100mmのVESAマウントに対応、別売りのディスプレーアームなどに装着できる。

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2021年
08月
09月
10月
2020年
06月
07月