このページの本文へ

KDDI、au網の回線にStarlinkを用いた基地局を開始 山間部や離島でのエリア拡大に活用

2022年12月01日 14時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは1日、静岡県熱海市初島において、衛星ブロードバンドサービス「Starlink」をバックホール回線として用いる基地局の運用を開始した。

 Starlinkの通信衛星は高度550kmの低軌道に複数配置されており、静止軌道(約3万6000km)にある通信衛星と比べて、高速・低遅延での通信が可能。これにより、光ファイバー回線を用いた基地局と比較しても遜色のない、音声通話やデータ通信が提供できるとしている。

 今後は山間部や島嶼地域など、光ファイバー回線が敷設しづらい地域をStarlinkを用いた基地局で補完するとしている。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン