このページの本文へ

「味ぽん」が写真を撮るAIカメラ誕生。食卓の“しあわせ顔”を自動認識

2022年11月28日 13時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「しあわせ、ぽん!カメラ」

 Mizkanは11月24日、「半径1メートルのしあわせ」を提案する「しあわせ、ぽん!」プロジェクトの第5弾の企画として、「しあわせ顔」を自動認識して写真を撮影できる「しあわせ、ぽん!カメラ」を発表した。

 “しあわせ、ぽん!カメラ”は、味ぽんにカメラの機能が加わった、プロトタイプのAIカメラ。味ぽんの目線で、食卓にあふれる何気ない「しあわせ顔」を撮ることを目的に開発された。カメラが食卓にある「笑顔の総和データ」から、「しあわせな瞬間」を定義し、AIによる表情解析アルゴリズムが笑顔の値を判定し、カメラの前の人が「しあわせ顔」になった瞬間に、自動で写真を撮影する。同社は、11月30日のカメラの日に先駆けて本製品を公開した。

 “しあわせ、ぽん!カメラ”とPCを同一のWi-Fiに接続することで、撮影された画像はPCに自動転送される。PCに転送された画像は、“しあわせ、ぽん!カメラ”のオリジナルアプリをインストールしたスマホなどで、同時にチェックすることが可能。

 本製品を開発するにあたり、最も難しかった部分は、どんな瞬間を「しあわせな瞬間」と定義して、シャッターを切るべきなのか、そのアルゴリズムを開発するところだったという。開発チームが何度も食卓を囲み、テスト撮影をしながら、AIによる表情解析データを読み解き、様々な表情データの掛け合わせを試行錯誤することで、本製品で“しあわせ”を可視化することに成功した。

 “しあわせ、ぽん!カメラ”の開発過程や、「しあわせ、ぽん!」プロジェクトについて、公式Twitterアカウントより情報を発信している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン