前へ 1 2 3 4 5 次へ

第4回 中小規模法人向け 「弥生会計オンライン」

起業初心者こそ会計を時短省力化しよう「弥生会計 オンライン」と「Misoca」活用術

村上タクタ 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

経理仕事が苦手なので、なるべく省力化すべく「弥生会計 オンライン」を導入

 30年続けた出版社勤務を辞めて、妻と2人だけの小さな会社を起業。メインの仕事は取材をして記事を書くことなので、できる限り会計業務に手間をかけたくない……ということで試してみた法人向けクラウド会計ソフト「弥生会計 オンライン」。決算はまだ先なので現状大きな問題は発生していないが、仕事が軌道に乗ってくると発生するのが、見積書や請求書の作成。そこで、弥生傘下のクラウド見積・納品・請求書サービス「Misoca」を使ってみた。

これまでは「請求書を書くのも面倒」だし
そこにいたるまでの「ワークフロー管理も手間」だった

 5月にフリーランスライターとしての仕事を始めて、約半年が経った。

 年齢と経験は重ねているとはいえ、フリーランスとしてはまだまだ駆け出しといってもいい筆者だが、おかげさまで徐々に仕事が増えている。

 編集長と主筆を兼ねているウェブメディアThunderVoltをはじめ、ASCII.jpほか、各メディアに原稿を書かせていただいている。また、ちょっとした動画撮影やポッドキャスト番組出演、周辺機器メーカーからの「ちょっと意見を聞きたい」という1~2時間のミーティング仕事もある。会社員だったころには想像もできなかったが、意外といろいろなお仕事があるものだ。

 まずは、独立するまで給与生活者だったこともあって、請求書を書くということ自体に慣れていない。しかし、(当り前だが)請求書を書かないことにはお金をいただけない。

 また、「お仕事のご相談」だけあって、結局実を結ばないものも数多い。

 そういった場合、メールやメッセンジャー、場合によってはZoomの打ち合わせをして、お見積もりを出す。そして、それが却下されると収入にならない。却下のご連絡がいただけるならまだしも、そういう話はしにくいものなのか、お見積もりを出してから連絡が途絶える……(笑)というケースも少なくない。

 それは致し方のないことなのだが、原稿執筆というのは大きくない規模の仕事が多いので、管理の手間がかかる。手元のメモによると、商談中で結論の出てない案件が5件ある。制作中のもの、納品して校正中のもの、掲載されたもの、そして請求書を出して振り込みを待っているもの……と、合計30件ぐらいの仕事の状態の管理が必要になっている。

 余計な事務仕事がイヤでフリーランスになったのに、これでは本末転倒だ。しかし、これらの書類を放置していたのでは仕事はもらえない。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

過去記事アーカイブ

2023年
01月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
09月
10月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
06月
07月
10月
11月
12月
2014年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
05月
10月
11月
12月
2012年
06月
07月
11月
12月
2011年
02月
09月
11月
2010年
01月
02月
03月
04月
05月
11月
12月
2009年
10月
12月
2008年
01月
04月
09月
2007年
01月
03月
05月
10月
11月